<   2015年 06月 ( 47 )   > この月の画像一覧

巣鴨拘置所の奇跡2


続きがあります。

GHQ占領軍の方から、またアイリーン宣教師のところに「柴野という人が会いたがっている」という連絡が来ました。
何の面識もない人物です。
罪赦された喜びを爆発させている西澤氏が、拘置所の中で他の戦犯たちにキリストの福音を伝えていたのです。

その中の一人に柴野氏がいました。
彼は「私も救われたい。私も避けられない死を前にして、永遠のいのちがほしい。罪が赦されるということを経験したい」と言って、あと1回しか残っていない家族との面会のチャンスを、アイリーン宣教師に充てたのです。

アイリーンは柴野氏に福音を語りました。 彼はたった1回の面会でイエス・キリストをはっきりと信じ、救われました。
そしてまた次の人が面会を求めて来ました。
今度は柴野氏が救いの喜びを伝え始めたからです。
こうして、この巣鴨拘置所の中では次々と戦犯たちがキリストに導かれ、14人が救われました。

こうして、自責や怒り、憎しみが渦巻いていた巣鴨拘置所の雰囲気が、がらりと変わってしまったのです。
そしてマッカーサーからもう一度西澤氏に会っても良いという特別許可が下り、彼女は西澤氏のところに励ましに行きました。
すると彼はこう言いました。
「私の今の心残りは、家族でまだ救われていない者がいることです。彼らに福音を伝えてください」
間もなく処刑される自分のことより、まだ永遠のいのちを持たぬ家族のことを心配していたのです。
アイリーンと西澤氏は、2人で祈りました。
その2人をじっと見張っていた看守は、ヘルメットを外して、自らも深々と頭を下げながら祈りました。
そして、この人もイエス・キリストを信じて救われ、憲兵隊の中に聖書研究会ができました。
そこからたくさんの憲兵隊がクリスチャンになり、後に伝道者、宣教師となって再び日本を訪れたのです。
「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました」(聖書/第二コリント5:17)

神の子イエス・キリストにつながると、すべての罪は赦され、永遠の滅びの火から救い出されて、永遠の天の国に入ることが出来るのです。


[PR]

by oume1116 | 2015-06-11 19:26 | Comments(0)

巣鴨拘置所の奇跡

巣鴨拘置所の奇跡
日本の敗戦後、極東国際軍事裁判(1946年5月〜1948年11月)、いわゆる東京裁判が行われました。
>ほとんどの国民は「こんな戦争に追い込んだのはあの軍部のせいだ」と、戦犯に対して冷たい態度を取りました。
しかし、そのような中、この戦犯たちに心を砕いて仕えた宣教師たちがいました。
しかも、その多くはアメリカの宣教師たちでした。 そのうちの一人に、アイリーン・ウェブスター・スミスという女性がいます。
ある時、彼女が家庭集会をしていると、西澤さんという女性が来てこう言いました。

「私の夫は巣鴨の拘置所に捕らえられていて、戦犯として裁かれようとしています。恐らく彼は死刑になると思いますが、どうぞ彼にイエス・キリストの福音を伝えて罪の赦しを得、完全な平安を持つことができるようにし、天国で再会する希望を与えてください」

戦犯たちには月に1回、30分だけ家族のみが会うことができるというルールがありました。
マッカーサーから彼女は特別許可をもらい、面会の機会を得、厳重な監視の中、西澤氏にイエス・キリストの福音を語ったのでした。

「あの十字架の現場で死刑囚も罪を赦され、永遠のいのちを持ったのです。イエス様はあなたの罪のために十字架にかかって、救いを完了させてくださいました。そして3日目によみがえり、今生きてあなたに語ってくださっている方です。誰でもイエス様を信じるなら、永遠のいのちを受けます」

すると西澤氏は、「あなたは私が戦争でどんなことをしてきたか知っていますか。私の両手は血塗られています。私のしたことを知らないので赦しとか、救いとかを簡単に言えるのです」と言いました。

しかし、アイリーンはこう言いました。
「私はあなたが何をしてきたのか知りません。しかし、1つのことだけは知っています。それはイエス・キリストの血潮はすべての罪から私たちをきよめ、神様の前に赦されない罪はありません。キリストの贖いのゆえに、赦されない罪はないのです」

彼はこのみことばを素直に受け入れ、その場でイエス・キリストを信じました。 彼は、生涯最後の面会でイエス・キリストと出会ったのでした。
それを聞いた夫人は「これで主人と天国で再会できます!」と喜んだのです。

『わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。』」(聖書/ヨハネ8:12)

今日、あなたも、このすばらしい福音を誰かに伝えませんか?




[PR]

by oume1116 | 2015-06-10 20:50 | 信仰生活 | Comments(0)

今日は教会でゴスペル練習

e0133087_2132340.jpg
何時も練習している、青梅市日向和田のローズタウンティーガーデンの、イーディーが、カナダへお出かけているので、今日は、あけぼの教会で練習。本場まで僅かの時間。
歌詞、覚えなくては‼︎








iPhoneから送信

[PR]

by oume1116 | 2015-06-09 21:03 | Comments(0)

友愛学園作品展

皆様、どうぞお越し下さい。
素敵な作品が、待っております。
http://www.itochu-artsquare.jp/exhibition/2015/hikiauchikara.html


[PR]

by oume1116 | 2015-06-08 19:17 | Comments(0)

スモークチーズ

e0133087_21302153.jpg
スモークチーズを頂いた。とても、美味しい。
Y口さん、ご馳走様。いつも、美味しいチーズを感謝です。



iPhoneから送信

[PR]

by oume1116 | 2015-06-07 21:30 | Comments(0)

周生の出番だ

e0133087_7341518.jpg
心のこもったお祝い、美味しい料理や、素敵な音楽、まさに、かりゆしな宴だった。夜の部では、沖縄音楽三線教室の、青梅フミヌパナとして、三線でお祝いした。酔いつぶれ、寝ている人もいたが、ほぼ総立ち状態でカチャーシー。
一番踊りたいであろ花嫁は、身重のため、なみだを飲んで見学。11月には母になる。お腹の中で、きっとこの大いなる祝福を、感じている事だろう。末長く、お幸せにと祈ります。



iPhoneから送信

[PR]

by oume1116 | 2015-06-07 07:34 | Comments(0)

夜の部へ

e0133087_733234.jpg




iPhoneから送信
[PR]

by oume1116 | 2015-06-07 07:33 | Comments(0)

心配だった天気ももち

e0133087_7322045.jpg




iPhoneから送信
[PR]

by oume1116 | 2015-06-07 07:32 | Comments(0)

心打つ祝辞あり

e0133087_7301288.jpg




iPhoneから送信
[PR]

by oume1116 | 2015-06-07 07:30 | Comments(0)

花嫁の笑顔は美しい

e0133087_728943.jpg




iPhoneから送信
[PR]

by oume1116 | 2015-06-07 07:28 | Comments(0)