<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夜中にUFOをうたう

送別会の翌朝。「お前、何で夜中にUFO歌ってんだよ。」と夫に言われた。
「へ???私?UFO?覚えてませーん。」
そういえば、帰ったらR授が彼女と電話をしていたっけ。
「チョッと代わりなさいよ。」と受話器をとり、なんだかいろいろしゃべった気がする。
昼間に、みんなで踊ったUFOの話をした気がする。
しかし唄った記憶はない・・・が唄っていたらしい。それも何度も。
「うわ~!!恋が破れたらごめん!!」
酔っ払いに付き合わされた、MOMOちゃん、ごめんなさいです。

by oume1116 | 2012-03-17 23:30 | 日記 | Comments(2)

お別れの季節

木曜日昼間、職場で、使用者さん全員参加のお別れ会。職員7名が退職で、3名が異動。かつてない大移動の年であった。早めの昼食をとり、日中活動の職員で、会場設営をし、ケーキ、花束を用意し、お別れ会に臨んだ。
今年は、歌あり、踊りありのにぎやかなお別れ会だった。
くたくたに疲れ、その晩、職員のお別れ会。
こんな年に親睦会の幹事になったのも何かのめぐり合わせ。例年は、年度が替わり、5月くらいに、形式的な歓送迎会をするのだが、今年は、タイムリーに送別してあげたいと、男性幹事と二人で、送別会を計画した。一人、2000円の会費を徴収、足りない分を、親睦会から補填した。
準備を始めてから、仕事が忙しいうえに、お金の心配が頭から離れず「あー、余計なことしなければよかった。」と少し後悔したが、やってみると、皆さん大変楽しそうで、近年まれに見る良い送別会だったと、言っていただいた。それで疲れも吹き飛んだ。去っていかれる職員が、みな、たっぷりと思いを話されて、みんなでそれを、じっと聞いていた。さまざまな思いを抱いて、次の世界へ出発「また、遊びに行きます。学園祭には、手伝いに行きます。」そんな言葉を、皆さんが残されていった。気持ちの良い送別会だった。

by oume1116 | 2012-03-17 23:22 | 日記 | Comments(0)

明日は

忘れられない日。
3・11、私は職場で、二人の利用者さんを連れて散歩をしていた。
いつも通る、坂になった途中のガレージが、小刻みにがたがたと音を立てていた。風もないのに、どうしたことか、おまけに少しめまいがしている気がする。
学園に戻ると、大騒ぎで、TVの前に職員が集まり、テレビの中では、信じられないような、とても現実とは思えない風景が映し出されていた。
あまりのショックに、みな息を呑んでいた。
でも、最大のショックは、福島での原発の爆発が映し出されたとき。
「あー、日本は終わりだ。」と思った。
あの日を境に、全てのことが変わったように思う。
衣・食・住のどれにも、不安が付きまとう。
かといって、どこかへ行くわけにも行かず、ほとんど、あきらめの境地で、できることを、できるときに、できる範囲でやろうと決めて生活している。幸いにも息子は神戸に行くことになり、ほんの少しほっとしている。
この一年、近くにいる若い人たちが、とても真剣に、懸命に自分たちの将来をよりよくするために、動き回り、活動する姿を目にしてきた。とても救われる思いがする。
いろいろ考えさせられる、そんな日が、やってくる。

by oume1116 | 2012-03-10 16:16 | 日記 | Comments(0)

卒業式

いよいよ今日は、息子の卒業式。
父親のスーツを着て、出掛けていった。
私は、美容院で着付けをしてもらってきた。本当は職場の同僚がやってくれるはずだったが、今回は、都合が悪く、仕方ないので美容院にいった。ちょっと、気に入らない髪形だけど、まあ、仕方がない。
自分が気に入らないだけで、ほかの人は、わざわざ人の髪型に興味などないだろう。
それにしても、アット言う間の出来事でした。ついこの間、入学式だったと思うのに。
自森、ありがとう!!馬鹿息子を最後まであきらめず、今日無事に卒業までこれたことに、感謝します。
そして、おめでとう!!R授。とりあえず、よかった。

by oume1116 | 2012-03-03 11:24 | 自由の森学園 | Comments(10)