<   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

命をつないだもの

普通ならば、おそらく死亡事故か、あるいは、重い後遺症の残る事故だったはず。
ところが、K海は、恥骨骨折(手術の必要なし、自然に治癒するとのこと。)、軽い肺挫傷(肺が圧迫され、少し穴が空いているかもしれないが、手術の必要なし。)、左右のまぶたの擦過傷、片方は眼鏡が刺さってしまい、何針か縫ったが、眼球などへの影響はなし。
これは、奇跡的なことだと思う。
命をつないだものは、K海の運、そして、完全なる装備であったと思う。
飛ばし屋のK海のために、彼のお父さんは、かなりの衝撃に耐えられるヘルメットと、かなりの衝撃を吸収してしまえる、プロテクターを用意してあげていた。100メートル先で、K海の身体が宙に舞うのを見た息子と、Pちゃん。二人とも「K海が逝っちゃう!!」と思ったそうだ。爆音の響きで、出てきた近所のかたがたが、交通整理をしてくださり「君たち、友達なんだろ?そばについていてあげな。」と言葉をかけてくださったとのこと。
救急病棟で「だいじょうぶですよ。」と医師から言われてから、やっと、何であんなことになったんだと、息子たちに聞くと「直線道路だったのに、まったく車のヘッドライトも、右折のウインカーも見えなかった。気がつくと、爆音がしてK海の体が宙に舞っていた。」と言う。
無灯火?前方不注意?直進車優先なのに、強引に右折?
ノーブレーキで激突なんてありえない。
K海はぶつかる瞬間と、その少し前の記憶がまったくない。
息子とPちゃんは、「俺たちがK海の無実を証明する。」といっていたが、どうも、確実に乗用車の過失であったらしい。
どんなに気をつけて乗っていても、事故は起こる。起こったときに、最小限の被害ですむこともあるのだと、息子たちは知った。私たち親も。
夫が少ないお小遣いの中から「お前、自分のバイト代にこれを足して、プロテクターを買って来い。」と一万円札一枚を渡していた。かつてないことだ。それだけ衝撃的だったのだろう。アルバイト料が入った息子は、早速、プロテクターを買ってきた。
バイクの事故は本当に怖い。一歩間違えたら、死んでしまう。それを知った事故だった。
あわてて現場に向かおうと、階段から落ちてしまった私の背中には、痛々しい紫色のあざがくっきり。

K海は「退屈だから、帰りた。」と翌日には、お父さんと一緒に退院して行った。
少し拍子抜けだったが、本当に良かった。
[PR]

by oume1116 | 2011-12-22 22:16 | 日記 | Comments(5)

命拾い

日曜日、息子の友人が命拾いをした。
息子と友人のK海、Pちゃんの三人、バイクで飯能方面から我が家へ向かう途中、先頭を入っていたK海が軽自動車とノンブレイキで激突し、救急車で搬送された。現場に駆けつけたときには「後遺症が確実に残る。」と覚悟する凄惨さだった。車も、バイクも大破、K海は額から血を流し横たわっていた。血の気がひいた。
私と息子たちと、三人、K海に付き添い救急車に乗り込んだ。
無言だったK海が、「ここが痛い。」と股関節と、右手の痛みを訴え、その後に「誰も後ろに乗せてなかったよね?」と確認してきたのを聞いたときには、胸をなでおろした。「良かった。意識がある。」
病院に着き、そのまま処置室へ運ばれたものの、4時間もの間、医師や病院側から何の説明もなく過ぎていった。事故を起こしたのが、10時少し前で、病院に搬送されたのが、10時半くらいだったの、深夜の二時半くらいまで何の説明もなく、みんなでやきもきしながら、待っていた。三時近くになってやっと「意識もしっかりしていて、受け答えもしっかりしています。大丈夫ですよ。」と言う医師の言葉をきき、一気に緊張がほぐれた。

続く
[PR]

by oume1116 | 2011-12-21 21:16 | 日記 | Comments(2)

音楽祭

e0133087_20593332.jpg

e0133087_2102949.jpg

e0133087_214354.jpg

e0133087_2175873.jpg

e0133087_21122870.jpg

e0133087_21143412.jpg

   
今年も、楽しませてもらいました。
今年のものではないけれど、毎年繰り返される、同じ風景。
なぜか、今年、R授は三線を抱きかかえ、中央で大きな口をあけて、ケサラを熱唱していた。
中・高合同の合唱「ケサラ」はいつも胸を打たれます。
ケサラ、ケサラ、ケサラ♪♪~
僕たちの人生は、平和と自由も求めて、生きていけばいいのさ♪♪~
身体の中から、あふれ出てくるエネルギーを、今年も感じることのできる、音楽祭でした。
[PR]

by oume1116 | 2011-12-18 20:52 | 自由の森学園 | Comments(1)

音楽祭

昨日、今日と息子の高校の音楽祭があり、昨日はどうしても仕事が休めなかったので、今日は午後から行ってきます。高校生活最後の音楽祭、楽しみです。中学生のときに、音楽祭を見に来て、最後のフィナーレで、この学校に来たいと思ったそうだ。そう思わせてくれたフィナーレに、今年はトリで演奏するとのこと、見学に来た中学生が、「ここに来たい」と思うような演奏を、みんなでしてほしいと思います。
[PR]

by oume1116 | 2011-12-17 12:31 | 自由の森学園 | Comments(2)

うれしいニュース

青梅三線教室「フミヌパナ」のメンバー、Yちゃんが来年の6月には、お母さんになる。
久々に、とびっきりのうれしいニュースだった。
こんな時代だから、心配なこともいろいろあるけれど、みんな、とても楽しみに待っている。
誰よりも稽古熱心なYちゃん。「赤ちゃんを連れてきても、みんなで見るからね。」とすっかり、まだ見ぬ赤ちゃんのオバアになって、子守をする覚悟でいる。赤ちゃんの泣き声を聞きながらの稽古も、なかなかいいかもしれない。とても楽しみだ。そしてもうひとつ、なんなと、町田生まれのYちゃんのおじいちゃんは、奄美出身だったということが、つい最近わかったとのこと。「だんだん沖縄に近づいてきた」と喜んでいた。
[PR]

by oume1116 | 2011-12-10 12:15 | 日記 | Comments(0)

ありがとうございます

更新もろくにしない、拙いブログに訪問してくださる皆様、本当にありがとうございます。。

時間がなく、なかなか更新ができない。。

やめてしまおうかな・・・・と思ったりしますが、もうしばらくこのまま。
[PR]

by oume1116 | 2011-12-08 20:47 | 日記 | Comments(4)

なんだか疲れたので

気がつけば12月。
気分転換にスキン変更。
バリバリに張っていた肩のコリがやっと取れた。
なんだか、気分がすぐれないときには
やっぱり、猫。
あがった血圧を下げてくれ・・・・・・かも。
[PR]

by oume1116 | 2011-12-03 23:33 | 日記 | Comments(2)