<   2011年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小さなチャリティーコンサート

今朝、テレビで、今必要なことの一つ「空元気でも良いから、元気を出すこと」といっている人がいた。本当にそうだなあと思う。元気を出していこう。
それで、お誘いを受けていた小さなチャリティーコンサートに行ってきました。
今日のお昼まで、風邪気味で寝ていたRジュでした。唄えるかどうかも心配でしたが、とりあえず行ってみました。20人入ればいっぱいの、小さなお店でコンサート。主催はみつのまりさん、ピアノの弾き語りをやっていらっしゃる方、縁あって声をかけていただいた。お客さんの中に、福島から避難してきた方がいらっしゃった。地震直後の様子を淡々と話してくださった。小さな子供さん3人を連れての避難所生活はとても過酷で、こうして今、住む家があり、暖かいものを作って食べれるのは、本当に幸せなこと、今も避難所で生活している方、いまだに連絡を取れない方もあり、とても心痛むとおっしゃっていた。
もう一人、弟さんのほうは、3ヶ月の乳児のお父さん。原発の20キロ圏内に住んでいたとのこと。
避難所はどこも満杯状態で、車の中ですごすこともあったが、天候が悪く、あまりの寒さに、道の駅の避難所に避難したが、赤ん坊を抱えての避難は大変で、先にあきるの市に移ったお姉さんのあとを追って、9日目であきる野に落ち着いたとのことであった。
家は半壊状態で、原発事故、いつもどれるかわからず、不安に違いないのだが、なんともいえないたくましさを感じた。帰り際に良授が「がんばってくださいね」と声をかけると「私たちは、いがいと大丈夫です。」と力強い返事がもどってきた。
会場ではささやかながら義援金を集め、被災地へ送ることとなった。
この先、復興にどれだけの時間がかかるかわからないけれど、長く長く、復興のための支援を続けて行かなくてはと、改めて思った。小さな力が、たくさん集まれば大きな力になる。
素敵な出会いもあった。
会場には、ネパーリーが3名。話をしてみると、拝島のネパールキッチンを受け継いだオーナーだった。一度ライブをしたこともあり、「ぜひ、またやりましょう」ということになった。レッサンピリリを唄うと、大喜びだった。
また、宮古島出身の方が、お二人で三線もって来ていたので、セッションをした。とても楽しかった。ぜひ、また一緒にやりましょうと約束して、帰ってきた。
あきる野市で亀の飼育をしている方、竹工房を主宰している方などなど、不思議な縁が生まれました。

by oume1116 | 2011-03-27 22:01 | 日記 | Comments(2)

いよいよガソリンが

ぎりぎりまで給油しないと決めていたが、いよいよ、ぎりぎりになってしまったので、スタンドを探して走った。いつも入れるところは休みで、仕方なくきょろきょろしながら走った。土曜日なので、あいている所はどこも、列ができている。仕方なく、列の後ろで待つこと30分、やっと給油することができた。大事に走らなくては。

by oume1116 | 2011-03-26 12:20 | 日記 | Comments(3)

-

しばらく、車を使った活動を控えていた。今日は久しぶりに、利用者さんを車にのせ、ペットボトルの納品に、塵芥センターへ行き、若草公園を散歩した。固い蕾だった河津桜が、咲いていた。
花はひとりでに、咲く。

by oume1116 | 2011-03-25 20:44 | Comments(0)

満月の夕


時がたつほどに、言葉をなくしていきます。
犠牲になられたかたがたのご冥福を、祈ります。
生きることへの、希望が早く訪れますように・・・、

by oume1116 | 2011-03-21 14:41 | Comments(0)

義援金を

e0133087_1321069.jpg

職場で、義援金集めをしようと言う事になった。かんぱした方は、N村さんの手編みのマスコットをひとつもらえる。ただいま、かんぱ箱作成中。

by oume1116 | 2011-03-16 13:21 | Comments(0)

明日

ここいらへんは、夜、停電するらしい。
こんなときには絶対役立つ。
素敵なランプ。
昔よく使いました。
こんなときでなくても、良いと思います。

e0133087_21233137.jpg


サラダオイルで灯るランプです。
麦草工房の林通雄がオイルランプと名づけて販売していますが、お皿で代用できます。

サラダオイルをスプーン1杯、芯にはティッシュペーパーをこよりにして固定します。固定する物として針金を渦巻きにビーズ(大きい穴の物)ボタンなどを利用してその穴にこよりを差込みオイルに漬けます。こよりに油がしみたら点火します。こよりの出方で炎の大きさが変わります。

てんぷらを揚げて、残っている廃油で、明るい灯がともります。
要するに、行灯です。灯りがほんの少しあっただけで、人間の心も少し明るくなります。
いざと言うときに、ぜひお試しください。

by oume1116 | 2011-03-15 21:29 | 日記 | Comments(1)

声が聞けたそうだ

宮古の実家が、津波で流され、弟さんとなかなか連絡が取れず、心配していた友人のKちゃん。
やっと今日の19時過ぎに直接電話で話せたとのこと。盛岡から宮古までの交通が難しく、帰るのはもう少し後になるようだ。なくなった方や、不明者の皆さんを思うと、本当に胸が痛みますが、身近な友人のご親族の無事を知り、ほっとしています。

by oume1116 | 2011-03-13 22:44 | 日記 | Comments(0)

痛む

大変な大地震、本当に心痛みます。
私は仕事で利用者さんと外を歩いていましたが、あまりのゆれに、自分がめまいを起こしているのかと思いました。
戻ると、大騒ぎになっていて、ニュースを見て、皆で息を呑みました。
日本人が味わったことのない、大災害。
友人の弟さんが、津波の被害にあい、まる一日連絡が取れず、昨日やっと「避難した」のメールが届いたものの、その後はまったく連絡が取れないとのこと。
帰りたいといっているけれど、交通網が遮断されていて、帰れるのだろうか?
家は、流されてしまったらしい。
福島のMAKOさん、大丈夫でしょうか?仙台のご主人とはちゃんと連絡取れているのでしょうか?
出産のために宮城に帰省中の学園の音楽療法士の、O沢先生、ご無事でしょうか?
とても心配です。
原発の情報からは目をはなせませんが、政府の会見はあまりあてになりそうにない。
最悪の状況を想定して、住民の皆さんをきちんと避難させて欲しい。

犠牲になった皆様のご冥福を、心から祈ります。
そして、一人でも多くの方が救助されますように・・・。

by oume1116 | 2011-03-13 09:23 | 日記 | Comments(0)

せっかく写真を撮ったので

e0133087_20212651.jpg
e0133087_20224532.jpg
e0133087_20234366.jpg

最後はやっぱり、カチャーシーさー!!

by oume1116 | 2011-03-08 20:25 | 八重山古典音楽 | Comments(0)

甲府教室「あぎじゃびよ~」

発表会その2
e0133087_2112421.jpg

私たち、青梅組はお気楽応援隊でしたが、ここまで、持ってきた甲府教室のみなさんは、本当に大変だっただろうなあと思います。
「やること、実行に移すことがとても大事」と思いました。
ご自分たちが発表会を開き、演奏するだけで大変だっただろうに、私たち応援隊への心配りには、感謝あるのみ、とても気持ちのよい二日間でした。
手配していただいた宿は、三線兄弟のA乃さんが手配をして下さいました。
e0133087_21212651.jpg

山梨のパワースポットにある温泉で、夜景が本当に美しく、露天風呂は最高だった。
料理も大変おいしく、皆大満足。
e0133087_2123193.jpg

同じ師のもと、稽古していても、なかなか一緒に演奏することのない山梨、「あきじゃびよ~」の皆さんと一緒に、記念すべき、一回目の発表会に参加させていただいたこと、本当に感謝!!
ありがと~

by oume1116 | 2011-03-07 21:25 | 八重山古典音楽 | Comments(0)