<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

明日 12チャンネルで

長野に里子に行った、小梅の子供、ニンニンと、ジャンゴの家がテレビに出ます。
見なくっちゃ。
e0133087_2258448.jpg


8月31日(火曜日)
テレビ東京系列
夜7時~8時55分の間で6分間だそうです。
「火曜エンタテーメント]

楽しみだ!!
[PR]

by oume1116 | 2010-08-30 22:56 | 日記 | Comments(3)

怒り、爆発!!

小さな怒りは、ころころとあっちこっちに転がっている世の中ですが、先週は、久々に、怒り大爆発でした。
毎週水曜日に、青梅市の某市民センターの和室を借りて、音楽活動をしている。無料の登録団体ではなく、有料で借りている。
職員3名、ハンディキャップを持つ学園の利用者9名で、たくさんの荷物を抱え、楽しく一時間を過ごし、学園に戻る。あまり変化のない生活をしなくてはならない福祉施設の入所者のみなさん。少しでもメリハリのある生活、地域に根ざした活動、落ち着いた雰囲気の中で、ゆったりと、楽しい音楽活動を提供したいと考えた。市民センターは、学園からも近く、一階で、部屋も和室で広く、障子で囲まれた空間は、静かで落ち着き、一年ほど前から、利用している。
先々週のこと、最後にみんなで音楽に合わせて、踊りながら歩き、活動が終了になるのだが、あまりにも楽しくて、はしゃぎすぎて、一人の利用者さんが、足を滑らせて障子を破いてしまった。彼はびっくりして、私に抱きついてきたので「大丈夫、ちゃんと謝れば、大丈夫だから」と帰りがけに受付で、誤って障子を破いてしまったことを、丁寧に謝罪して帰ってきた。
翌週、水曜日午後、いつものように、市民センターへ行くと、なんと、受付の女性が、こういったのだ。「これから、和室を使うときは、障子を全部はずして使ってください。子供さんたちが、使うときにも、皆さんにそうお願いしています。中には、障子を破いたら、自分たちで貼ってもらうセンターもあるんですよ。」と。
「え!!!????、障子を全部はずして使え?冗談でしょ?」と心の中で思い「活動時間が短いので、障子をはずしたり、つけたりしていたのでは、活動時間がなくなります。そのままで、良いですか?、障子を破いたりしないよう、十分機をつけますから」といったが、良い返事をしなかった。
そこでごたごたと話していても、時間だけがすぎていくと思い、その日は、最後の踊り歩きをやめて、座って唄って、鳴り物であわせるだけの活動に変えた。
そして障子はもちろん、はずさなかった。
帰りの受付で、「活動を変更し、障子ははずす必要がないと感じたので、いつも通りで使わせていただいた。」というと、奥に座っていた所長が「前にカレンダーを破いたことあったよね。気をつけてもらわないと困るんだよね。」とすごく傲慢な感じで言ってきた。一年ほど前に、自閉症の男性が、カレンダーを破いて、外にほうり投げたことがあり、そのことはそのときに丁寧に謝罪し、それ以後、二度と同じことはおきていない。そんな一年も前の話を持ち出して、いかにも、彼らが、障子を破いたり、カレンダーを破いたりするような人たち、と思い込んでいるらしい。
激しい怒りの原因
彼らを、子供と同等の扱いをしたこと、一番若い人で、30代半ば、一番の年長者は還暦をすぎている。それは姿を見ればわかることだ。
知的に障害を持っていたとしても、情緒においては、私たちとなんら変わることはない。
そのことをまったく理解していない。仕方がないこととは思う。
そもそも行政サービスとは、お客さんであるわれわれ市民が、気持ちよく、公共施設を利用できるように配慮すべきで、彼らの責務だと思う。
障子をはずせば、道路からも、事務所からも和室が丸見えになる。プライバシーも何もない。落ち着いた雰囲気はぶち壊し。そこで活動しろと、平気でのたまう、市の職員。本当に「なめたらあかんぜよ!!」と怒り爆発。言いたいことが山ほどあったが、学園に戻らなくてはならなかったので、わなわなと震える思いで、帰園した。主任に報告し、市に抗議したいけど、やって良いか聞いた。とめられた。副施設長に呼ばれて、状況を説明。あまりの怒りに、すぐに動いてくださり、翌日にはセンターへ足を運び、利用者の状況なども説明し、障子をはずすことは、利用者にとって、周りからの刺激が強すぎ、まともな活動にはならないので、今まで通りの使用をさせていただきたいと、頼んでくれた。
そもそも、カレンダーの一枚や、障子の穴ひとつで、これほど市民を不愉快にさせるとは、いったいどういうことなのか?腹立たしい。
もしも私が、個人的に利用して、同じことを言われたとしたら、私は、市に出向いていき、猛烈に抗議したこどでしょう。時代遅れの偏見と差別を感じて、あきれてしまうほどでしたが、地域に根ざし生活することが、重要といわれている昨今、あまり、過激なことはできないと、何とか怒りを納めた、
障害を持つ方々への偏見・差別、自分でも気がつかないで言葉や態度で示す人々、やっぱりいるものです。
[PR]

by oume1116 | 2010-08-29 15:14 | 日記 | Comments(4)

今朝の門修院

やはり、そうなんだ。
少し秋が近づいているんだ。と実感した今朝の門修院
e0133087_10461777.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-08-29 10:46 | Comments(0)

初めての

職場の健康診断で引っかかり、再検査の通知。レントゲン写真と、紹介状まで入っていた。
「胃にポリープ像」ということで、井上胃腸科にいき、初めての胃カメラを飲んできた。
いやだった。気持ちわるかった。でも、思っていた以上ではなかった。
ポリープができているというレントゲンでの写真あたり「おかしいなあ、何もない」という声が聞こえほっと安堵。「ゲップでもつったのかなあ?」とつぶやいていたけれど、そんなことってあるのかなあ?とりあえず、よかった。
[PR]

by oume1116 | 2010-08-24 13:57 | 日記 | Comments(2)

今朝の門修院

なんとなく、秋の気配・・・・と思いきや、昼間はめちゃくちゃ暑かった。
小梅もウッシーものびています。
e0133087_17574046.jpg

e0133087_17581746.jpg
e0133087_17593772.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-08-22 17:59 | 日記 | Comments(0)

盆踊り

昨日は職場の盆踊りだった。一年間のイベントで、二番目に皆が心待ちにしているイベントだ。
綿菓子や、ポップコーン、スイカに、生ビール、かき氷、食べ放題とは行かないけれど、結構自由に飲んだり、食べたり。女性職員は皆浴衣を着て、利用者さんは、浴衣かじんべえに着替え、踊る、踊る。去年は、あまり踊りを知らなかったが、今年は日中活動で、週に一回、踊りの練習をしたので、なんとなく覚えることができたので、汗だくで、ひたすら踊り続けた。楽しかった!!
e0133087_17501224.jpg

天気もよく、みんなとても楽しんでいた。よかった。
[PR]

by oume1116 | 2010-08-22 17:51 | 日記 | Comments(0)

衝撃!!

R授が、悪友の家で夕飯をご馳走になり、悪友の母ちゃんのCDをもらってきた。
聞いてびっくり、衝撃!!すばらしく良い!!
 
" target="_blank">ワン ソルジャー

kのおかんに、こんなすごい特技があったとは。
[PR]

by oume1116 | 2010-08-14 20:59 | 日記 | Comments(0)

近所の

あずきと小麦。威勢よく闊歩していた小麦も、すっかりおばあちゃん。時々間違えて家に入ってきて、えさを食べています。まあいいか。
e0133087_23461648.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-08-12 23:46 | 日記 | Comments(4)

HIMEちゃん、ちばれよ~

昨夜の稽古で師匠が言った。
「前橋のHIMEチャンが、琉球古典コンクールの新人賞を受けに、明日沖縄に行くよ。」と。
今朝、ニュースを見たら、台風4号発生で、沖縄荒れているらしい。Rジュが、HIMEチャンにメールを送ったら、飛行機は無事飛ぶとのこと。今頃は、照喜名道場で頑張っている事だろう。
HIMEちゃん、ちばれよ~。良い結果が出るように、祈っているよ。
[PR]

by oume1116 | 2010-08-10 20:41 | 日記 | Comments(0)

今朝の門修院

百日紅が満開だ。
e0133087_817049.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-08-08 08:17 | 日記 | Comments(2)