<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

辺野古移設 閣議決定 徳之島は

日米合意のもと、普天間基地を辺野古周辺に移設することが、政府案として正式に閣議決定された。
米軍の訓練の拡充を県外に分散する。
適切な施設の整備を条件として、徳之島の活用が検討される。
と徳之島が、訓練移転先候補として正式にきまってしまった。
住民の気持ちは、頭上を素通りし、アメリカとの合意のみでの決定。
この国の未来は、一体どうなるんだろう?空恐ろしい気分になる。
沖縄県民の「怒」と言う、黄色いプラカード。人事じゃない。
現実的に辺野古に基地が新たにできることはないかもしれない。
徳之島に訓練施設の一部が、移ることはないかもしれない。
なぜなら、これほどの民意を無視できるわけがない。
中国の脅威、北朝鮮の脅威もわかっている。
アメリカ軍のトップだったという方が、テレビのインタビューに答えていた。
「抑止力としての海兵隊は本当に沖縄でなくてはならないのか?」との問いかけに「必ずしもそうでない選択もできる。」と彼は答えていた。
日本の政府には、そうではない道を探って欲しい。
県外は難しい、ならばやはり国外。
新しい基地はどこにも作って欲しくない。それは沖縄県民の願いでもあるとおおもう。
辺野古の移設反対の、「嘉陽のオジー」の言葉
「辺野古に莫大なお金が来ても、辺野古の海に捨ててください。必ず子や孫に感謝されるはず。」

今回の徳之島への基地移設問題では、
賛成・反対で、島人の間に、争いを生んでしまったことだろう。
徳之島は、選挙のたびに激しい、争いが生まれる。
父が健在だったころ、選挙の時期には、島に帰ることができなかった。
親兄弟でも、骨肉の争いになり、口をきかなくなってしまうこともある。
肉親の情が、ものすごく厚いにもかかわらず。
平和な島に、投げ入れた火の粉はあまりにも大きい。
この国の政治には、心底がっかりした。もう期待するのはやめる。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-30 12:02 | 徳之島 | Comments(0)

明日は体育祭

明日は息子の学校の体育祭。

電車に間に合わなくて、学校を休んだ息子と大喧嘩。

体育祭委員なのに・・・・。

いい加減にもほどがある。

ホルモンのバランスが崩れる思春期の息子と、同じくホルモンのバランスが崩れる、更年期の母。

そのバトルはすさまじい。

ホルモンとホルモンの戦い。

折り合い地点を探すのは、やはり更年期ホルモンのほうが適役だろう。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-28 22:57 | 日記 | Comments(7)

息子の決断

思春期で揺れ動く、難しい年頃となったR授。
あまりにも、だらけた生活に、ついに親父から、静かな説教。
私だと、感情的になり、怒鳴ってしまうので、お父さんに話をしてもらった。
生活を少し改めるように、やるべきことを、しっかりやるように・・・などなど
私は、口を挟みたいのを我慢し、聞いていた。
わかったのか、わかっていないのか?

コンクールはどうするの?と聞くと、しばしの沈黙のあと、「しばらく離れたい」という。
要するに、沖縄音楽から、少し離れてみたいということだ。
とてもさびしい思いだけれど、仕方ないかなあと思う。本人の中に、本当はどんな思いがあるのかは、わからない。
三線を弾いていても楽しくないという。コンクールに向けて稽古を積む意欲が、まったくわいてこないという。こんな思いのままで、やったとしても、どうせダメ。
「悪いけど、しばらく、ほうっておいてくれない?」とのこと。
小学校一年生から、弾き続け、いつも周りからちやほやされて、今もどこかで弾くたびに「すごいね」といわれる。
もっと努力をして、もっとすごい三線引きになればいいのに、なれるのに、と思うのだが、もとやりたいことがたくさんある、という。
長い人生だもの、しょうがないと思うしかない。「いつになったら、お母さんはあきらめてくれるの?」とたびたび言われた。
勉強が嫌いなこと、整理整頓ができないこと、夜遊びすること、言うことを聞かないこと、朝起きないこと、夜更かしすること、どれも仕方ないとあきらめたが、三線だけはもう少しがんばって極めてほしいと願ったが、それもあきらめるとしよう。
いつか戻ってくることもあるだろうから。「しばらく離れてみればいい。」割と静かに言うことができた。先生には自分の口から伝える。笛の先生にも自分で伝える。いつも、大切に育てていただいたことには感謝を忘れないでほしい。
そして、できれば、なるべく早く、戻ってきてほしい。
なぜかというと、つまらないのです。
謝る必要なんてないのに「ごめん」といわれ、少しほろりとした。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-24 13:27 | 八重山古典音楽 | Comments(11)

ウッシーもうすぐ一年

こんなに可愛かったウッシーもうすぐ一才
e0133087_22234892.jpg

こんなにオスっぽくなったけれど、たまらなく可愛いやつ。でも夜中に、ムカデを私に、プレゼントしてくれるのだけは、お願い、やめて!!
e0133087_22265077.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-05-23 22:26 | 日記 | Comments(4)

仕事場バンド

職場の同僚たちと、9月に「音の輪コンサート」をやることになった。
年4回のコンサートを、外部の人に依頼して、行うのだが、今年は、学園の職員でバンドを組み、9月にコンサートを開こうという話になり、今日は雨の中、第一回目の練習日だった。機材を持ち込んで、とりあえず、「島唄」をコピー。初めてにしては上等のでき。
e0133087_21455962.jpg

ベースに、エレキギターに、三線に、キーボード、何とかなるもんだなあと思った。
ドラムのYさんは、なんと西条秀樹(こんな字だっけか?)のバックでドラムをたたいていたのだ。
当然ですが、さすが!!の腕前。ベースのNさんは、音楽療法士の勉強中、エレキのSさんはダンサー、私の上司のMさんは、3人のお嬢さんを育てながら、バリバリ仕事をこなす。いつも食堂で、こつこつと、練習する努力家。楽しみながら、練習を重ねていく予定。
Mさんの娘さんたちは、最初はドラムの音にビビッていたがすぐになれて、遊び始めた。
e0133087_21462040.jpg

学園きってのいけめんのYUUさんは、何度も何度も、力いっぱい熱唱してくれた。
廃校を利用して、市民センターとして開放されている、音楽室の真正面は、山。
ベランダに出て、いけめん君とドラマーは煙をはく。
e0133087_215162.jpg

9月まで、休みを使い、練習を重ね、楽しいコンサートにしたい。
上を向いて歩こう、明日があるさ、島人の宝、あさどやゆんた、さんぽ、森の熊さん、おもちゃのチャチャチャ、島唄、などなど、バシッと決めなくっちゃ。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-23 21:48 | 日記 | Comments(0)

水野俊介さんの炭琴

青梅市の、環境フェスティバルで、ウッドベース奏者の、水野さんとともに、竹を使った楽器で、演奏をすることに、いつの間にかなっていたので、昨日打ち合わせをしてきた。
何がなにやら、わからないまま、わかったことは、炭琴、竹炭琴、竹の鳴り物などを使い、フェスティバルに来た方たちも、その場で一緒に音楽をやってみましょうということらしい・・。
20分だけなので、島唄と、夏の思い出をやることになった。水野さんの備長炭でできた、炭琴をかりて少し家で練習しようと出したら、R授があっさりと、美しく夏の思い出を奏でていたので、お任せすることにした。私は何か違うことをしよう。
R授が3歳くらいから水野さんは知っているが、昨日の夜「水野さんボストンのバークリー音大に留学してたんだよ。」と行ったとたん、R授の水野さんへの思いは、「昔からなんとなく知っているおじさん。」から、尊敬と憧れの存在へと一変。
なぜかと言うと、ものすごく好きなアーティストがバークリー卒業とのことで。
んー、なるほどね。
e0133087_16382522.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-05-16 16:38 | 日記 | Comments(6)

湯の宿 わ銅

全体的な雰囲気はとてもよかった。
e0133087_9574355.jpg

e0133087_9591868.jpg

[IMAGE|e0133087_9383311.jpg|201005/15/87/|mid|640|480#]
e0133087_9385639.jpg

利用者さんが、ゆっくりくつろげるようにと、露天風呂つきの部屋を借りたが、お風呂と、部屋が狭すぎた。そして、時間が、2時間と、普通の日帰り入浴の、部屋かしきりにしては短い。
やはり、3時間は欲しい。なんと、この部屋、一人、2時間3500円。あまりに高いけれど、年に一度のことだと思い、思う存分贅沢をさせたいと思ったのだが、ちょっと、私のイメージと違っていた。
食事はとてもおいしかったけれど、ミキサーにかけて、ペーストにしてから、食事介助をしなくてはならないので、準備にとても時間がかかり、ぎりぎりで、やっと自分の食事ができた。
あれもしてあげたい、これもしてあげたいと思うけれど、欲張ってはいけないなー。
素敵な笑顔が見られたので、疲れは吹き飛んだけれど・・・。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-15 09:50 | 日記 | Comments(2)

日帰り旅行

仕事で、日帰り旅行に行ってきた。
日帰りは旅行って言うのかな?
私の職場では、旅行といっている。
秩父の和銅温泉に行って来た。「湯の宿 わ銅」と言う宿、露天風呂つきの部屋を借りて、昼食を楽しむという計画。
値段の割には、不満足。
でも、利用者さんは、二人とも、食事をおいしそうに食べて、お風呂も気持ちよさそうに、入っていた。かえる途中、芝桜で有名な、秩父の羊山公園に行って、芝桜を見てきた。きれいだった。
e0133087_21551248.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-05-14 21:51 | 日記 | Comments(0)

母の日

「金がない」が最近の口癖の,我が息子。
母の日だけど、花の一輪も持ってはこないだろうなと思っていたのだが、予想に反して、小さいけれど、かわいらしいカーネーションを、「はい、母の日だから」とプレゼントしてくれた。
年々憎たらしくなっていくけれど、素直に今日はうれしかった。サンキュー!!
e0133087_16344738.jpg


義母には、気持ちのよさそうな、パジャマを買った。もうすぐ北海道に変えるので、今日はみんなで夕食を食べに行く。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-09 16:34 | 日記 | Comments(6)

保護者会そして飲み会

息子の高校の授業参観・保護者会・懇親会だった。
長い一日だった。
世話人をおりようと思ったので、そのことを伝えた。
結局、名前だけでもいいし、連絡網の最初に名前を置いておくだけでも・・・・いいのよ
と、担任のNさんに言われて、そうか、それだけでもいいのか・・・・
で、結局、私はどうなる・・・・んだろう?
ほかの世話人と、その件に関して、話もしないままに、散開になっていた。
同じ年齢の子供をもつ、親御さんたちの話を聞くのは、とても、ためになる。
「あー、同じことを、思っているんだ」とか「同じ悩みを持っているんだ」とか「あーうちの子も、おんなじことを言っていた。」とか共感することがたくさんあって、悩みともいえない程度のことだけど、笑い飛ばしていけそうな気分になれた。
[PR]

by oume1116 | 2010-05-09 09:57 | 日記 | Comments(2)