<   2009年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

尊尊我無

何かの節目のとき、何か大事なことがあるとき、誰かが遠方へ旅に出るとき、必ず行う儀式がある。徳之島にいたときから、東京でまだ両親が健在だったころと、それは必ず行われた。
ばあちゃんが生きていた時代、ばあちゃんがまわした。
両親が生きていたころ、母がまわした。

お神酒に盛り塩、お神酒を口に含み、盛り塩を一掴みし「尊尊我無(とうとがなし)」といいながら、一なめし、頭にぱらぱらと塩を振り掛ける。
ずっと意味もわからないまま、この儀式は、母から私の役目になり、兄弟たちが集まるときや、とても大切な何かがあるとき、この儀式を行っている。
それで、調べてみた。今更なのですが・・・・・。

尊尊我無(トートゥガナシ)は主に奄美諸島の言葉で、与論島では今も日常的に使われている。「ありがとうございます」という感謝の意味や神様へ祈るときに使われる。自分を無くし、出会う相手や出会いそのものを尊ぶという意味も。 ...

そうだったんだって、いまさらですが。

多分ばあちゃんも、母もその意味は理解をしていなかったのでしょう。
ずっと続く儀式をそのとおりに行っていたのでしょう。

私も特に、意味をしろうとは思っていなかったけれど、一回くらい、調べてもいいかなーと、調べて

みた。

なんて素敵な言葉なのって、思った。

今日、息子が一人で石垣に行った。出るときにはお決まりの、尊尊我無の儀式をやって送りだした。

お神酒はありませんでしたが。

素敵な人々に出会えますように、たくさんのいい思いをもって帰れますように、

そして、何より、危険なことがなく無事に帰ってきますように。

尊尊我無
[PR]

by oume1116 | 2009-10-30 19:08 | 日記 | Comments(8)

うれしい3連休

コンクールで合格したら、石垣に行く予定で、お休みだけはとっておいた。
神様のプレゼントのような、うれしい3れんきゅうだ。掃除して、洗濯して、畑に菜っ葉類の種をまいて、家の周りの片づけして、いつも気になりながらできないことを、この3日間でやってしまおう。
朝一で、大家さんが育てたと大輪の菊を、夫の職場へ届けに行ってきた。
お年寄りや、来客の目を楽しませてくれることでしょう。
e0133087_10451152.jpg


今日2泊3日で石垣に行く息子を、青梅まで送り、さー活動開始。
働くよ!!(気合を入れないとなかなか動けない)
[PR]

by oume1116 | 2009-10-30 10:50 | 日記 | Comments(2)

さらに、忙しかった

月曜日は仕事の後に夜は稽古日。水曜日は日勤であったが、仕事が終わった後に、神田へGO-!!
3月に行われる発表会の実行委員会一回目、ちょっと時間的に無理かなと思ったけれど、5周年記念で節目の発表会。
取り合えず行くだけ行こうと電車に乗ったが、中央線ってこんなにのろかった???と思うほど、遅く感じられ、結局着いたのは一時間半オーバーの、20時半。ほとんど話は終わっていた。
何のために行ったのでしょう。
飲んで食べるため???ではないはずですが、いつの間にやらこんな感じで、
e0133087_1340461.jpg

終電で帰るハメになりました。いつも、名前ばかりの実行委員で、役立たずなのですが、せめて連絡漏れなどなく、パイプ役をしっかりとやりましょう。
毎年、忙しいことを理由に、演目をしっかり稽古しないで、暗譜もしないで、てげてげにやっていたことを反省し、5回目の発表会はしっかり稽古して臨みましょう。そう誓いながら、夜の二俣尾に降り立ったのでした。
e0133087_13453128.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-10-29 13:47 | 八重山古典音楽 | Comments(0)

忙しかった

24日は自由の森学園の学園祭だった。夜勤明けの次の日だったのでとても疲れてしまい、午後になって、少し様子を見に行った。
息子のクラスでは、スープ屋さんをやったそうで、完売だったそうだ。K海がすごくよく働いていたと、R授の中学生同級生が感心して語っていた。
なにやら女の子と仲よさそうに黒板に向かっているので「使わせていただきます。」と後姿を一枚ぱちり。何を話しているんだろう?
e0133087_9403568.jpg

夜は、飯能のイタリア料理のお店で、担任を囲んでの懇談会。普段ゆっくり話すことのできない保護者の方とも、ゆっくり話ができ、とても楽しかった。なんと「奄美出身、名瀬で育ったのよ。転勤で、沖縄にも4年間住んでいたのよ。」という方もいてびっくり、そして、「おー!!同じ島人だ」と感激。担任のNさんも参加してくださり、クラスのこと、一人ひとりの様子などお話してくださった。本当に一人ひとりよく見てくださっているのだと感じた。

25日は、雨の中職場の学園祭だった。雨さえ降らなければと天が少し恨めしかった。
利用者たちが何より楽しみにしている、大イベントだ。
いつも最後に華を添えてくださるのが、青梅神代太鼓のみなさん。
青梅マラソン応援の顔。青梅マラソンでの応援風景を再現してくださり、雨が降って大変寒かったのに、太鼓が始まると躍動感で少しからだの温度が変わる気がした。
e0133087_9513349.jpg

来年ははれたらいいな。
[PR]

by oume1116 | 2009-10-29 09:52 | 自由の森学園 | Comments(5)

おかえりなさい!!

昨日、北海道から義父母が、越冬のために、青梅に帰ってきた。

義父、義母ともに、元気そうな顔でとても、安心した。

義母は、「やせちゃったのよ。」と言うけれど。去年とかわらず、元気そうな顔だった。

ちょくちょく、顔をみにいき、なるべくたくさんの時間を、みーんなで、一緒にすごしたいものです。
[PR]

by oume1116 | 2009-10-27 22:59 | 日記 | Comments(6)

琉笛

e0133087_15204394.jpg


音も見かけも美しい楽器です。
[PR]

by oume1116 | 2009-10-23 15:21 | 八重山古典音楽 | Comments(2)

注射

インフルエンザの予防接種をしました。

本当は注射大嫌いで、やりたくは無いのですが、仕事柄仕方なくうちました。

ちょっと、痛かった。

何気なくもんでいたら「もんだらだめよ。」と看護師さんに言われました。

風邪やインフルエンザが流行る季節となりました。

こっち、こないでねーーーーーーー。
[PR]

by oume1116 | 2009-10-21 23:18 | 日記 | Comments(2)

ニコニコ動画

R授が、ヒグラシの鳴くころのテーマに、笛を入ました。
琉笛です。8月に八重山古典音楽の笛の優秀賞を受けて合格しましたが、八重山の笛は、抑え気味の笛なので、久しぶりに思いっきり吹いたら、気持ちよかったといっていました。



完璧に仕上げるそうです。
その次は、風の谷のナウシカをリクエストしました。
[PR]

by oume1116 | 2009-10-20 17:42 | 日記 | Comments(8)

厳しき世界

小梅は完全にウッシーをそばに寄せ付けなくなった。

怖いくらい、厳しい世界。

はじめてみる、猫の子離れ、親離れの現実。

どーしよー????

ウッシーは、親を求める、親はとことん子を拒絶。

哀れウッシーは、Rジュのひざに、温もりを求め、まん丸に、丸くなる。

e0133087_225723.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-10-19 22:57 | 小梅日記 | Comments(2)

子離れ???

あんなに、仲良く寄り添っていた小梅とウッシー

何故か小梅が、うっしーをそばに寄せ付けなくなり、ウッシーが、よっていくと、

威嚇して本気で猫パンチをしている。

もう、「自分の子供ではない」と言う目で、ウッシーを見ている。

ちょっと哀れなウッシーである。

でも、これが自然の摂理なのか・・・・?

これからは、私が小梅とウッシーのお母さんだ。
[PR]

by oume1116 | 2009-10-17 19:04 | 小梅日記 | Comments(3)