<   2009年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

泡盛」

一人で晩酌をするために、泡盛を石垣から買ってきた。
くば巻きの泡盛。シークワサをちょいと浮かべて、飲む。
小さいころ、裏庭に二本、家のすぐ前に一本、島みかんの木があった。
白い花が咲き、とてもいい香りがする。しばらくすると、小さな実がついて、青くなる。
お酒が何より好きだった父に、みかんの青い実を採りに行かされた。
そのころ、氷は無かったので、ぷかりと、お酒の中に青いみかんを浮かべ、父は飲んでいた。
風流な人だった。なぜ誰も似なかったんだろう?
e0133087_20464652.jpg
e0133087_204789.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-09-29 20:47 | 日記 | Comments(4)

可愛いい二人

e0133087_20264899.jpg

すさまじいバトルを繰り広げる時もある。
ウッシーと小梅、そして、なぜかダルマ。
和みます。
[PR]

by oume1116 | 2009-09-29 20:28 | 小梅日記 | Comments(4)

笛衆

e0133087_8104661.jpg


R授の笛の大先輩でもあり、先生でもあるM田さんから、昨日わざわざお電話をいただいた。

「R授、笛の優秀賞で、オオマリさんが一位で、R授が2位だったよ。」とのことだった。

ヒージャー先生、M田さん、石垣のM良先生、ここまで育てていただき、とても感謝です。

三線も笛もさらに精進し、磨きをかけて、人の琴線に触れる音楽を目指してほしいと、親は願うのだ

が、本人には欲が無いのが、ちょっと歯がゆい。

15歳、今燃えているのは、アルバイトしてバイクの免許を取ること。

エレキギターを弾くこと。親の願いとは合わないものですな・・・・・・。
[PR]

by oume1116 | 2009-09-27 08:20 | 八重山古典音楽 | Comments(4)

想いをうたにのせて

自由の森学園 多摩ブロック 市民講座 2009

想いを歌にのせて<合唱をつくる>

に参加しました。

息子の通う自由の森学園の、広報活動のひとつ。一人でも多くの人に「自由の森学園」を知ってもらうための活動のひとつ。
私がやったのは、青梅市の市民センターの音楽室を予約するだけ。
後は、ただ、歌を楽しみました。
指導してくださったのは、なわた先生。
本当に素敵なお顔をした、音楽教師。
生徒たちにも、こんな笑顔で生き生きと、楽しげに指導してくださっているんだろうなと、とても、うれしかった。
自分が、高校生のときに、こんな先生がいたら、とにかく音楽の授業が、待ち通しかったに違いない。
今日やった曲は「蛍」と言う、とても素敵な曲だった。作曲「まき」さん。編曲「たけ」さん。
唄っていたら、日の出町の、ごみに埋もれざるおえなかった、谷古入りの森を思い出していた。

夏の初めの夕暮れ時
ぼくはじいちゃんと川へ行った
虫あみ、虫かご 握りしめて
体中を蚊に刺されて
突然 じいちゃんが 立ち上がって
悲しそうにつぶやいた

昔ここは降る星のように
飛び交う光でいっぱいだった
蛍の群れ 子供たちの瞳も
きらきら 輝いていた

日差しまぶしい夏の午後に
ぼくは父さんと 川へ行った
素もぐりしている 子供たちが
見つけるのは 空き缶ばかり
空を 見上げて父さんは
寂しそうにつぶやいた

昔ここは魚の宝庫
いつも子供であふれていた
はやたちのむれ カジカの姿
子供の笑顔もしぶきのなか

きらきら 輝く 夏の夜あけ
ぼくは一人山を」見てた
伐られた森の動物たち
今はどこに行ったのかな
僕が大人になっとき
いったい 何を誇れるだろう


とても素敵な良いうたでした。

人間がもっと想像力を働かせたら、今このときに、これをやったら、未来に何が起こるのかを考えたら、やってはいけないことが、とてもたくさんある。
森に通っていたとき、いつも思っていた。そのことを、今日は思い出していた。

e0133087_20465910.jpg

お断りをせずに写真を撮ったので、ちょっと塗りました。
[PR]

by oume1116 | 2009-09-26 20:46 | 自由の森学園 | Comments(1)

小梅とウッシー、ニンニンとジャンゴそしてナナちゃん

小梅は石垣に行くちょっと前に、避妊手術をした。不安そうに泣き通しで、かわいそうだったけれど、これでいつでも大好きな外の散歩ができる。
ウッシーと仲良くくっついて、すごしている。なんとウッシーはまだ母乳に吸い付いている。
もう出ないはずなんだけど・・・・。小梅もされるがままに、身を任せている。
e0133087_13452133.jpg
e0133087_13453317.jpg

佐久に行った、ニンニンとジャンゴ。勝手に写真を拝借。
幸せそうだ。
e0133087_13501275.jpg

青梅市内に里子に行ったナナちゃんは、「何をしても可愛い。」と大変可愛がってもらっているとのこと。行くべきところに行くもの何だなあと、不思議な思いと、感謝の思いがわいてきます。
[PR]

by oume1116 | 2009-09-24 13:52 | 小梅日記 | Comments(3)

夕顔の花

今日は、3人でお墓参りにいっった。

お彼岸だから・・・・。

家に帰って、ふっと見ると、真っ白な夕顔が、一輪だけポッと開いていた。

母がきたんだ。会いに来たよって、知らせている。

夕顔は、母が大好きな花だったから、夏前に一本だけ植えておいた。

植えたのさえ忘れていた。

ここに、いるよ。そんな感じで、ポッと咲いていた。

家族3人元気で、楽しく暮らしているよ。

だから安心していいよ。
e0133087_20205451.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-09-23 20:22 | 日記 | Comments(0)

二俣尾連合会

三線兄弟であり、二俣尾連合会のメンバーでもある、Y子さんの、新人賞合格祝いをした。
何かとテーマを決めては集まり、飲み、語り、唄い踊る二俣尾連合会歩いて5分圏内、何人かはもう少しかかるが・・・・。
一品持ち寄りが原則。私は毎回餃子だが、お彼岸で亡き両親が帰ってくると思い、父の好物のラフティを作ったが、いまいちうまくできなかった。美味しかったけれど、ちょっと自分のイメージと違ってしまった。
手作りピザ、ふーチャンプルー、枝豆、ゴーヤ・なすチャンプルー、海苔巻きなどなど、いただきながら、あれやこれやと、話は尽きない。
e0133087_2031628.jpg

Y子さんに一曲うたってもらった後は、Sちゃんのステージ、踊る、踊る、踊る
三線の音色にあわせ、気持ちいいくらい、踊る。
この、のりのよさが、大変好きだ。Sちゃんは道産子なのに、泡盛大好き、沖縄大好きな元気な女性。ますます、Sちゃんが好きになった夜だった。
e0133087_2075428.jpg

e0133087_20114886.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-09-23 20:13 | 日記 | Comments(0)

今日から新しい日

と誰かさんのブログの名前に似ている。うん。
たくさん稽古して楽しかった。竹富島にに沈む夕日を背に受けながら、A美さん、N]村さん、HIMEちゃん、N子さん、A井さん、一緒に合格目指して弾いた唄った。
e0133087_21733.jpg

残念ながら、全員沈没だったけれど、また、来年、がんばろうね。
初々しく、新人賞に合格した、Y子さん、M島さん、おめでとう!!
青梅教室は全員、優秀賞の挑戦になります。
楽しみながら精進していきましょうね。
石垣から、日常に戻るとしますか・・。
e0133087_2112478.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-09-21 21:12 | 八重山古典音楽 | Comments(2)

すごい!!おめでとう!!

第32回八重山古典音楽コンクール 三線最高賞6人、優秀賞30人合格

2009/09/21 12時00分配信 - 最新ニュース -
 第32回八重山古典音楽コンクール(主催・八重山古典音楽協会)は20日、三線優秀賞と最高賞の審査終了後、市民会館中ホールピロティで合格発表が行われ、優秀賞に30人、最高賞に6人の計36人が合格を果たした。前週に合格した筝曲、笛、太鼓、三線あやぱに賞、新人賞の合格者117人と合わせ、合格者153人は10月31日、市民会館大ホールで開かれる発表会で晴れの舞台を踏む。
続き
 八重山古典音楽の優秀な新人の育成と正しい継承を目的に毎年開かれているコンクール。三線244人、筝曲8人、笛21人、太鼓26人の計299人(前回比20人増)が申し込んだ。
 合格率は、優秀賞が82人中30人で36・6%、最高賞が40人中6人で15%だった。

合格者は次の通り。
〔三線優秀賞〕
竹島翠、中嶋一仁、伊東優子、出野恵美、福井大輔、鈴木昌江、
下田祐子、小池幸治、金城和江、東海奈津子、本比田里奈、
南風野孝平、久貝貴子、外山弥呂、丸尾千晶、金子美智子、
笹原喜美江、矢島幸子、喜屋武賢樹、今川正継、松田弓子、
竹内俊介、東盛進、安田寿乃、平田カヨ、石垣信一郎、
仲大盛冨貴子、小野香子、田中智子、伊藤紗智
〔三線最高賞〕
志村裕子、中村節子、河崎明子、喜屋武優華、滝綾子、
小畑香代恵

なんと、最高賞に河崎さんの名が!!
本当におめでとうございます。


優秀賞合格者にも、知った名がちらちら
おめでとう!!
来年は、名前が載るように、がんばりマース。
[PR]

by oume1116 | 2009-09-21 19:51 | 石垣島 | Comments(0)

母の命日

明日9月21日は、母の命日。
お彼岸に逝った。お彼岸に逝く人は大往生。その言葉はいつも私を心地よくさせてくれる。
母がいなくなることは、想像さえしたくない、できない、恐怖だった。
でも、やっぱり、逝ってしまった。11年が過ぎた。
誕生日の前日・・・
すでに意識が無かったけれど、お友達がケーキを買ってきてくれて、お祝いした。
子供たち、甥、姪に囲まれて、旅立っていった。
一年くらいは、何をしていても、何を見ても、泣いていた。
お彼岸は、あの世とこの世に橋が架かる。
私が橋を渡ることはできないけれど、父も母も、おじも、おばも、兄貴も、今頃橋を渡り、行きたいところへ行っているんだろうな。家にもキットきてるよな。
生まれ島の徳之島へも、みーんなで、行っているんだろうな。
いとこのTちゃんから荷物がきた。
徳之島の島バナナと、ドラゴンフルーツ。
早速、お仏壇にお供えした。
e0133087_2054170.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-09-20 20:54 | 日記 | Comments(0)