<   2009年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

笑顔がいっぱい 3

蕗チャンの御両親、征三&喜代江さん。「飛べ、バッタ。」の歌を熱唱する。初めて二人のデュエットを聴いた。
たぶん全員。
e0133087_2281677.jpg

四七生と書いて、しなおと読む。私が以前パートで働いていた会社の社長。トラスト仲間。蕗チャンの父親か?と思わず錯覚する。それほど、親のような顔で、蕗チャンの結婚を喜んでいた。
e0133087_22111025.jpg

人間の笑顔って、本当に素晴らしく素敵だ。

by oume1116 | 2009-03-31 22:11 | 日記 | Comments(0)

笑顔がいっぱい 2

二人のキューピットとなったのが、蕗チャンのお兄さんのNENさん、飛騨高山在住の造形作家。妹の幸せな姿を、心から喜んでいた。
e0133087_849975.jpg

蕗ちゃんと知り合って、12年になる。清楚で美しく、本当に花のような女性だと思った。知りあうきっかけとなったのは、当時住んでいた日出町の、谷古入りの森を守ろうという、日の出の森トラスト運動だった。R授は3歳で最年少のトラスト地権者だった。約60名の参加者のうち、三分の1がその時の仲間で、今回の祝う会の実行委員ももちろん、私を含め、4名全員が、トラスト運動の地権者だった。必死で守ろうと頑張ったが、東京都に強制収容され、その森は今は、36市1町、360万人分の最終ゴミの処理場となってしまった。
悔しさに、怒り、涙した仲間が、久しぶりに集まった。誰もが蕗チャンの幸せな結婚を心から祝福して、うれしそうであった。
e0133087_91074.jpg

守りたかったのは、子供たちの笑顔、守りたかったのは安全なお水、安全な空気。人間が出したごみで、埋め立てられていく山や谷、その数の多さに、私たちは心から恐怖を覚えた。ダイオキシンをたくさん含んだ灰が、毎日毎日運び込まれ、安心して住める環境には程遠く、我が家は日の出を離れた。
日出町で過ごしたR授の幼児園時代に、よく絵本を読んでとせがまれ、寝る前には必ず、読んでいた。その時のベスト3が、征三さんの「ふるやのもり」征三さんのお兄さんの、ゆきひこさんの「地獄のそうべえ」西村温子さんの「ゆうびんやさんの ほねほねさん」だった。その中でも特に、来る日も来る日も、読んでとせがまれたのが、ほねほねさんだった。骸骨の郵便屋さんが自転車の乗って、あっちこっち、郵便配達をするお話。
その本を書いたのが、蕗チャンの高校時代の親友。R授が4月に入学する高校の先輩だ。「ほねほねさん、書いた人が来てるよ。」というと「えっ!!がちで?会いたい。」というので、一枚パチリ。素敵なママになっていた。
e0133087_92147.jpg

by oume1116 | 2009-03-31 09:21 | 日記 | Comments(0)

笑顔がいっぱい

昨日は門修院で結婚を祝う会であった。主役はこのお二人。自分で編んだ純白の毛糸の衣装の花嫁は、本当に、美しかった。今まで見たどの蕗チャンよりも、きれいだった。
e0133087_053295.jpg

ケーキは福生のケーキ屋さんへの特注。蕗チャンのお父さんの、征三さんの絵本「ふきまんぶく」の表紙をそっくりそのままケーキへ写した。それがこれだ。
e0133087_081650.jpg

始まりは、MUKUの開会の言葉。祝いの宴の始まりは、めでたい節だ。
にわか踊り子たちが、モモの花を持って、踊りながら登場。宴は始まった。
e0133087_0104939.jpg

by oume1116 | 2009-03-31 00:14 | 日記 | Comments(0)

昌史♡蕗の結婚を祝う会

今日は、青梅市黒沢にある、門修院で、友人の蕗チャンの結婚を祝う会です。
何かとお世話になっている、門修院で、今回はとてもめでたい祝いの宴。なんだかんだで、総勢80名、床が抜けないかと和尚が心配していたとか、してなかったとか・・・・。懐かしい顔に会えるのがとても、楽しみ。
わざわざ、高知県からやってくる、Tさんにも久しぶりに会える。さあ、もう少ししたら、出発だ~
めでたい~♪♪めでたい~♪♪ すりすりめでたい♪♪めでたいめでたい

by oume1116 | 2009-03-29 12:50 | 日記 | Comments(0)

半分手作りの

シャツを頂いた。正職員になったお祝いに。これが本当に素晴らしい!!世界に一枚しかない、とても感じのいい仕上がり。ユニクロで男物の麻のシャツを買ってきて、それを切ったり、つけたいたりして、作ってくれた。こんなシャツがあったら、絶対買う!!と思う私好みの上等の品。
襟はスタンドカラーに直してくれ、脇にはスリットを入れて、袖と裾、襟元にも、今はなかなか手に入らない、麻の古布を使い、ポイントを付け、ボタンも、古布で、一個づつ作ってくれた。なんてすごいんだろうと、ただただ、驚きと、感謝でいっぱい。本当にありがとう。YKOさん!!
e0133087_13345042.jpg

by oume1116 | 2009-03-28 13:22 | 日記 | Comments(2)

うるせい奴らが

やってきた。「二人泊まりに来るから」のはずが倍の4人に増えていた。家が壊れそうなくらい、もうすぐ高校生の男どもはでかくて、やかましい。しかしまあ、前回、夜勤明けで、疲れきっているときに泊まりに来て、思いっきりどなり飛ばし「R授のおかんは怖い。」と言われたらしいので、今回は優しく、優しくおもてなしをした。
図体はでかいけれど、まだまだ、子供だ。夜、一緒に夕飯を食べた。手巻き寿司。なかなか、かわいいやつらだと、思った。いろんなことから解放されて、今が一番いい時なんだろうな。

by oume1116 | 2009-03-27 22:39 | 日記 | Comments(2)

徳之島の

百合子おばさんからの突然の電話。ドッキリする。島のおじいもおばあも、みんな高齢なので、何かあったのか?と、心配で心臓が高鳴ってしまう。「ジャガイモ送るからねえ。変りない?たまには連絡ちょうだいよ。おばさんも年のせいで、耳があまり聞こえなくなってしまって。」だった。ほっ!!ありがとう叔母さん。
いつも気にはなるものの、日々の生活に追われて、なかなか、便りも出せないでいる。いついつまでも、元気でいてほしいと願うばかり。あー、徳之島、行きたいなあ。

by oume1116 | 2009-03-26 14:06 | 日記 | Comments(0)

WBC決勝 日本 対 韓国

サムライジャパン、特に興味があって見ていたわけではないけれど、かたずけものをしながら、何気なく見ていたら、かたずけどころじゃじゃくなった。息子と二人、固唾をのんでテレビにくぎ付けになってしまった。9回の裏で同点打を打たれ、延長戦に・・・。10回表で、2アウトランナー1,2塁で、イチロー登場。バッターボックスに立つ姿はまさに、真剣を持った侍、「かっこいいねえ。」と二人で同時に呟いていた。ここ一番で、2点タイムリーヒットを放ち、5対3、2点を守るために、全身の力で投げ切ったダルビッシュ投手、いや~、本当にあっぱれであった。最後まであきらめることなく粘った韓国チームも、素晴らしかった。
ありがとう!!サムライ、ジャパン!!

by oume1116 | 2009-03-24 14:43 | 日記 | Comments(0)

chiechanの結婚を祝う会

卒業式の翌日、三線仲間のchieちゃんの結婚を祝う会があり、行ってきた。場所は池袋の、ビアザウルスという、おしゃれなお店。飲んだ食べた、楽しかった、とっても綺麗な花嫁さんだった。いついつまでも、お幸せに!!R授は同級生にそっくりな参加者を発見しすぐに仲良くなっていた。楽しい集いだった。最後は、伊良皆門下生は、焼鳥屋で、占めて帰る。やはり奥多摩行きの終電には間に合わなかった。
e0133087_2113651.jpg
e0133087_21145168.jpg
e0133087_21151444.jpg
e0133087_21153163.jpg
e0133087_2115502.jpg

by oume1116 | 2009-03-22 21:16 | 八重山古典音楽 | Comments(4)

卒業式


e0133087_22493140.jpg
e0133087_22495340.jpg
息子の卒業式であった。義務教育を終え、いよいよ高校生。
おめでとう!!
淡々と粛々と厳かな式であった。
e0133087_2252293.jpg

大変、ドライであった。こんなものかな・・・・・。
それにしても、ひどい格好。シャツをズボンに入れなさい!!
なんて言っても聞くやつではない。ボタン、襟章、クラスのバッジ、ずべて同級生と、下級生に奪いとられる。
それも男ばかりに。第二ボタンは死守したらしい。違う学校の女の子から、ほしいといわれているそうな。
青春だねえ。
e0133087_237713.jpg

小学校から9年間一緒だった仲間も、4月からはそれぞれの道へ羽ばたいていく。素敵なことがたくさんありますように。大きく膨らんだ夢が、しぼむことがありませんように・・・・、願います。
e0133087_236912.jpg

幼児園からの女友達のHIKAちゃんが、お祝いのメッセージとお花、手作りの紅白クッキーを持ってきてくれました。きれいなお花です。ありがとう。
夜は、おじいちゃんと、おばあちゃんのところへ行き、皆で卒業祝いをした。
なんだか、大きな仕事が一つ終わった感じです。
明日は高校の保護者会。また忙しい一日となります。

by oume1116 | 2009-03-19 23:07 | 日記 | Comments(0)