<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

親の心、子知らず

先日、青くなることがあった。普段は夜、10:00を過ぎると公衆電話を使い、連絡を入れる息子が、11:30近くまで帰ってこなかったのだ。塾が終わるのが、10:00少し前で、10:30分には
帰ってくるはずなのに・・・。セブンで立ち読みでもしているのかと、見に行ったが、いない。だんだん、心配になり、塾に電話をかけてみるが、テープの音声のみ。さすがに、お父さんも心配して、自転車で、となりの駅まで走ってみたが、いないというので、車で、塾のある、駅まで走ってみた。途中何度も、自宅に電話をかけるも、無情な呼び出し音のみ。一瞬、携帯をもたせない主義が揺らぎそうになる。
駅の周辺を探し、明かりのついている塾の階段を駆け上がると、先生が残ってらっしゃったので、何時に帰ったのかを聞くと、すでに一時間半も前に帰っているとのこと。いよいよ青くなり、捜索願いを出さなくてはならない、なんて思いながら、もう一回自宅に電話を入れると、「もしもし」と息子の間の抜けた声が返ってきた。安心したのと同時に、腹立たしさで、泣きながら、怒鳴り飛ばした。横から夫が電話を取り、猛烈な剣幕で怒っている。もう一回、塾に戻り、お騒がせしたことをわびて、家に帰ると、神妙な面持ちで座って待っていた。
普段は怖くないお父さんが怒ると、天地がひっくり返りそうなほど、怖い。この日は、怒り炸裂。友達とだべっていて、遅くなったこと、電話をしたかったけれど、公衆電話がなかったこと、そして、携帯を買ってくれないのがいけないといった一言で、さらに、怒りに油を注いでしまい、ついに手が出る勢い。声だけでも、震えあがるほど恐ろしいのに、手が出ちゃかなわんと、ストップをかける。中学生が、こんな時間んい連絡もせず、外にいること自体がおかしいこと、そのことで、親がどれほど心配するか、中学生にもなって、そのことを理解できないこともおかしいこと。
怒る、怒る、怒る、あ~、本当に恐ろしかった
電車の時間も気にせず、だべっていられるのが、そもそも間違っていたということと、暗がりの自転車塾通いは、危ないということになり、自転車通塾が禁止になったことは言うまでもありません。
昔から、怖い物の代表をして、地震、雷、火事、オヤジという言葉があるけれど、オヤジなんて怖くない人のほうが多いかもしれないけれど、うちの親父は、怒ると怖い。

by oume1116 | 2008-05-26 10:48 | Comments(6)

ソーメン食う

e0133087_0311863.jpg

今日は息子は塾、私は三線の自主練のため、とても早く夕飯を食べた。帰ってきてから、小腹が空いたというので、とろろとネギを入れて温かいソーメンを作ってあげた。とってもおいしそうにすすっていた。

by oume1116 | 2008-05-23 00:36 | Comments(2)

あまりにも

和むので、お持ち帰りさせていただきました。
e0133087_2250544.jpg

三線兄弟の、ボンパパの御子息二人。泣いているのは、高グァー、心配そうに見ているのが、兄貴分の梵天丸。最高の2ショットだ~。

by oume1116 | 2008-05-20 22:56 | 日記 | Comments(0)

父の20回目の命日

e0133087_8412429.jpg


5月17日は、父の20回目の命日だった。昨日は、お墓参りにいけなかったので、お花を買ってお仏壇に飾り、父の大好きだったお酒をお供えし、今日、夫と息子と三人でお墓参りに行った。
誰かが先に来たようで、ユリとスターチス、菊が供えられていた。
お酒が三度の飯より好きな人だった。ほんの少し、おいしいおつまみがあれば、満足。まず、ビールを飲み、ウイスキーをロックでゆっくりゆっくり味わう。そして、花愛でる人でもあった。菊の苗の中で倒れ、2週間で帰らぬ人となった。
父が倒れる前、私は首の痛みに悩まされていた。原因は不明。首の付け根が痛く、あっちこっちの医者や、治療院に行ったが、治らなかった。半ばあきらめ、「痛みを我慢して生きていこう。」そんな事を思っていた。あるとき、外出から帰ると母がぽつんと座っており、泣いている。「お父さんが・・・お父さんが・・・。」と言葉にならない。「お父さんがどうしたの?」と、聞くと「お父さんが倒れて、救急車で運ばれた」その言葉を聞き、びっくりして首を思いっきり振った。嘘のような話だが、5か月悩まされた首の痛みが、その一瞬で吹き飛んだ。
お父さんが痛みを持って行ってくれた。今でもそう思っている。20年なんて、あっという間だ。
合掌

by oume1116 | 2008-05-18 22:03 | Comments(2)

静かな夜

息子が修学旅行へいった。とても静か。つまらないねえ。もし、来年八重山の高校へ進学したら、こんな静かな日々が待っているのか・・・・。
明日は私は、職場の付添旅行。某福祉施設の利用者3名とともに、長野へ行く。
楽しみだ~~。行ってきまーす!!

by oume1116 | 2008-05-15 00:18 | 日記 | Comments(0)

八重山商工

e0133087_2331930.jpg

昨日は三線稽古の日。師匠が雑誌を持ってきてくださった。ジャパン・トランス・オーシャンの機内誌、Coralwayだ。
受験生の息子が進学を希望している八重山商工郷土芸能部のみなさんが、コーラルウェイの表紙を飾っていた。昨年9月に、見学に行った時に受けたさわやかな印象が、よみあがってきた。カラオケ大好き、ゲーム大好き、パソコン大好き、そんな息子が八重山に行きたいと言う。淋しいけれど大賛成。
「カラオケ?何で?島の踊りの方ががすっと楽しいのに!!」そんな八重商のみなさんと一緒に、息子が八重山の世界を歩く時が来ますように。
雑誌の中にはこんな写真が・・・・。とても心ひかれた。
e0133087_23524054.jpg

浜下りの日に、浜辺でカチャーシを踊るおばあだ。
浜下りという言葉がとても懐かしい。我が生まり島の徳之島でも、浜下りはビッグイベントだった。滅多に着ない余所行きの服をきて、浜の近くの広場に行くと、そこには水飴屋さんと、アイスキャンディ屋さん・・・・。
至福の時間だったなあ。幼いころの浜下りの情景が、鮮やかに蘇ってきた。

by oume1116 | 2008-05-14 00:02 | Comments(0)

母の日

e0133087_14495833.jpg

e0133087_14505011.jpg

今日は全国的に母の日。先週の日曜日、義母を連れて、ちょっと早いプレゼントを買いに行った。義母は遠慮がちに、落ち着いた色のジャケットを選んだ。とても似合っていた。明日北海道に帰る。先週のうちに行っておいて良かった。義母はやっと熱が下がり、ちょっと顔いろが優れないが、帰る。今度、東京に戻ってくるのは、夏と秋が終わってから。さびしいですなあ。

我が息子から、カーネーションとボールペンを、そしてなぜか、伴侶が、ピンクのカーネーション
を買ってきた。素直にありがとう。
母の日に関するアンケートによると、一番もらってうれしいのは、どんな高価なものより、心のこもったメッセージや手作りのものが喜ばれるそうだ。来年は義母に何か心のこもった何かをプレゼントしよう。メッセージを添えて。

by oume1116 | 2008-05-11 22:52 | Comments(2)

義母が発熱

ついこの間、北海道の気温が30度を超す真夏日になったとニュースでやっていたのに、今度は雪・・・?一体、地球はどうなってしまうんだろう?
冬の間、北海道から越冬するため東京に来ている、義父と義母が明後日、北海道に帰るのに、義母風邪で寝込みとても心配。少し帰るのをのばせればいいのだが・・・。
4人兄弟のわが夫、長男は水難事故で他界しており、実質夫が長男。義父義母が元気なのをいいことに、ほとんど義弟二人に任せっきり、だから、少し具合が悪くなると、大変心配になる。
今日は夜勤なので、出かける前に、果物をもって顔を見に行ってきた。まだ、辛そうだ。
義父母が元気でいてくれることに、いつもありがたさを感じている。早く、風邪がよくなりますように。

by oume1116 | 2008-05-10 15:30 | Comments(1)

川崎ハイサイフェスタ

5月5日こどもの日に川崎ハイサイフェスタに行ってきた。
昨年の年末、息子が歌わせていただいた、阿佐ヶ谷ロフトでご一緒だった、いちゃりばーずの皆さんが、パワフルで、本当に楽しいライヴを見せていた。素晴らしい!!
e0133087_8351893.jpg

3日から6日までの4日間、川崎駅周辺が沖縄化。
八重山古典民謡を、息子とともに勉強中。師匠と共に舞台に立ち、ゆったりと唄った。
2ステージの合間に、「三線体験タイム」があり、20名近くの人が、体験に参加、大変熱心に取り組んでくださり、少し驚き、そしてうれしかった。
e0133087_836178.jpg

出番の合間に、みんなで音合わせ。声を合わせて唄うのは、とても気分がいい。
2ステージ目は、雨が降り出し、天とにらめっこしながら、決行することとなり、本革三線は雨にぬらさないように、人口皮の三線を使った。雨にもかかわらず、ステージの前には、熱心に聞き入って下さる方々が座っていた。三曲目くらいに雨があがり、唐船ドーイは盛り上がったあ。決行してよかった。
出番が終わった後に、師匠と息子と、kさん、Tしィ、T果さんの5人でクラブチツタで行われているイベントの最後に、かちゃーしで盛り上げるために行った。何と、新良幸人さんが唄っていたいた。楽屋おモニターでしか聴けなかったけれど・・・・。
八重山古典民謡を日々稽古する、私たちにとって、新良幸人さんは憧れの御方。
舞台裏で出番を待っていたら、憧れの御方が、目の前を・・・・・。師匠が引き止めて、「この子が、君のファンなんだよ。」と息子を引き合わせてくださり、握手しました。私も握手したかったなあ。すっかりミーハー状態であった。
e0133087_8373215.jpg

そんなこんなで、朝から、長い一日が終わり、二俣尾についたのは、深夜0:30分。
青梅の空気はやはり、気持ちがいい!!

by oume1116 | 2008-05-09 08:43 | Comments(0)

不動明王祭 イン 門修院

e0133087_23183458.jpg

4月29日、青梅市黒沢の門修院で、平和を祈る祭りがあった。20名以上の僧侶が、600点以上の経典を流し、世界の平和を願うもので、毎年行われている。去年、和尚から「三線弾きに来て。」と言われて、「ハイ、行きます。」と参加。今年も行ってきた。
いつ来ても、良いお寺だ。痛ましい事件が絶えない現実。本当に、平和な世の中を、心から祈る。
e0133087_23225946.jpg

檀家さんや、そうでない人、いろいろなところから、いろいろな人が集まり、お寺の庭で、演芸会をする。かっぽれ、落語、おはやし、民謡などなど、芸達者な人々が集まり、祭りを盛り上げる。
e0133087_2332557.jpg

この日、朝から、頭痛がひどく、ろくに稽古もせずに、息子と、y子さんと舞台に上がった。歌い始め、ふっと客席を見ると、日本酒を片手に、とても良い顔で、手拍子を打つ、御老人の姿が目に飛び込み、嘘のように頭痛が吹っ飛び、とても楽しくなった。
かっぽれの踊りの皆さんが、かちゃーシーに合わせて、輪になって踊ってくれて、また、一段と盛り上がった。
平和な世界でありますように!!しみじみと思った一日であった。

by oume1116 | 2008-05-08 23:48 | Comments(2)