雪の中を

2月の11日、雪の降る中を、今年も行ってきました。
Eちゃんが、最後に座り込み、たった一人で、旅立ったあの場所へ。
総勢16名。山男のTさんがロープを張ってくれて、皆それに捕まり、登った。
ロープなしでは、健常者でさえ登れない山肌を、どんな思いでよじ登ったのか・・・・?
ここを登ると、家に帰れる、ここを登ると、きっと誰かが迎えに来てくれる。
そう信じていたに違いない。
寒かっただろうに。お腹もペコペコだっただろうに。
本当に・・・・・・・。
みんなで、お花を手向け、暖かいお茶、お菓子、ビール供えて、「どうか、安らかに」と手をあわせた。すぐに見つけてあげられなくて、ごめんね。きっと、みんなそう思っていただろう。
空から「いいよ~、もう、いいよ~、お母さんと仲良くやってるよ~。」笑いながら、私たちを見ているかな。      
合掌。
[PR]

by oume1116 | 2011-02-13 22:52 | 日記 | Comments(0)