水野俊介さんの炭琴

青梅市の、環境フェスティバルで、ウッドベース奏者の、水野さんとともに、竹を使った楽器で、演奏をすることに、いつの間にかなっていたので、昨日打ち合わせをしてきた。
何がなにやら、わからないまま、わかったことは、炭琴、竹炭琴、竹の鳴り物などを使い、フェスティバルに来た方たちも、その場で一緒に音楽をやってみましょうということらしい・・。
20分だけなので、島唄と、夏の思い出をやることになった。水野さんの備長炭でできた、炭琴をかりて少し家で練習しようと出したら、R授があっさりと、美しく夏の思い出を奏でていたので、お任せすることにした。私は何か違うことをしよう。
R授が3歳くらいから水野さんは知っているが、昨日の夜「水野さんボストンのバークリー音大に留学してたんだよ。」と行ったとたん、R授の水野さんへの思いは、「昔からなんとなく知っているおじさん。」から、尊敬と憧れの存在へと一変。
なぜかと言うと、ものすごく好きなアーティストがバークリー卒業とのことで。
んー、なるほどね。
e0133087_16382522.jpg

[PR]

by oume1116 | 2010-05-16 16:38 | 日記 | Comments(6)

Commented by imakokode at 2010-05-16 19:39
実は凄い人と知り合いなのに、子どもにとっては、「ただのおじさん」なんだねー。
Commented by タムラ at 2010-05-19 22:24 x
お初のコメント失礼致します。前橋教室のタムラと申します。
前橋教室でもよく名前が上がる、R授君とぜひ一度話してみたいと思っていまして、浅草の発表会のときに念願かなって少しお話できたのですが、音楽の趣味があまりに奇想天外でびっくりしました。沖縄の古典民謡に勤しんでいながら、ドリームシアターのようなプログレを普段は聴いている高校生ってなかなかいないと思います(笑)将来有望ですね。
Commented by あやこ at 2010-05-20 21:11 x
nikoさん、本当だよね。水野さんはもちろんのこと、征三さんのことを、良授や一君は、どう思っているのかなあ?と思うことがあります。でも、子供のうちは、知らないほうがいいかも。ただの知り合いのおじさんと思っていたほうが、いいような気がします。
Commented by あやこ at 2010-05-20 21:22 x
タムラさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。思いがけずのコメントうれしいです。今後ともどうぞよそしく。
そうです、そうです、ドリームシアターといっていました。その中の何人かが、バークリー出身だと、良授が興奮していました。どこで学ぼうと関係ないと思う人間だと思っていたのに、やっぱり、関係があるのですね、私が、びっくりしたのは、「超いきたい。」という、沖縄芸大のほかに、大学の名前を知っていたのに、びっくり(笑)
今は、三線より、ギターに夢中です。長いこと三線だけを弾いていたので、ほかの楽器に惹かれるのは、仕方ないですね。
稽古で会うことがありましたら、また、良授に、話を聞かせてあげてくださいね。
Commented by widow-motokichi at 2010-05-22 14:21
昨日実家から帰ってきました^^
炭(特に備長炭)は固くて良い音が鳴りますよね。
でも音階つけることなんて考えたことなかったな。
さすがR授くん、難なくこなしましたか☆!
で、ayakoさんは何をなさいますか^^?
コラボるのでしょうか?楽しみですね☆” 
Commented by oume1116 at 2010-05-23 22:08
ここいろさん、御帰りなさい。実家で、ゆっくりできたでしょうか?
備長炭の音、本当に涼やかで素敵な音です。
水野さんのCDに視聴できるのがありますので、聴いてみてくださいね。楽しみより、どきどきです。足を引っ張りそうで。何もしないのが一番よさそう・・・。