合格祝い

R授の弟分のMUKUが、自由の森学園の中学を受験した。合格した。
なので、例によってA藤家で、近所の友人たちでお祝いをした。いつものように、MUKUの大好物の餃子を作った。伊豆から、帰ったばかりのY子さん、Kさんも加わり、にぎやかだった。
田島征三さんの、右腕となって働くY子さんkさん、征三さんの70歳のお誕生日のお祝いに行っていたそうだ。
珍しい北朝鮮の焼酎を持ってきた。味は、ん・・・・・・・・?
2ヶ月間の日本滞在が終わり、ドイツに変えるAさん。
今度は半年後くらいにはまたお会いできるでしょうか?
お元気で!!

「なにかあったら、いつでも俺のところへこいよ。」と口先では言っているR授であるが、あまり頼りにはならない兄貴分だ。
沢山の仲間にめぐり合って、たくましく育てMUKU!!
と祈る。
[PR]

by oume1116 | 2010-01-14 09:03 | 日記 | Comments(3)

Commented by ここいろ at 2010-01-16 16:09 x
昨日は田島征三さんのHPに行ったりお兄さんの方に行ったりして長らく時間が…^^;
前に写真載せていた作品ですね^^
私はお兄様の方になじみがありますが、(本屋さんで見るし)
征三さんのアートと生活が一緒な感じは素敵だなーと思いました。
未来の豊かな若者達といられるのはいいなー☆
Commented by oume1116 at 2010-01-17 19:09
ここいろさん、田島征彦さんの「地獄のそうべえ」は息子が大好きで、一時期、毎晩読んでいました。同じくらい、大好きだったのが、とっても暗い、「ふるやのもり」という絵本でした。子供って、どこに琴線が引っかかるのかわからないなあと思ったものです。
征三さんは熱い心を持ったすばらしいアーティストです。是非、ごひいきに。
Commented by ここいろ at 2010-01-19 21:37 x
あれ、ふるやのもりって私大好きだったです。
でも違うね。私の見ていたのとは^^;
筆の絵でした。
内容は覚えてないです^^;
タイトルが好きだったかもデス。
はい。そんな私がひいきになんて、そんなアレですけど^^;