遠方より友来たる!!TIGUSAさんだ~

二日続けて、南の方角からの電話。
「もしもしayakoさん」と聞き覚えのある男性の声。
TIGUSAさんだ~。仕事に行く時間だったので、何時まで滞在するかだけ聞いて、夜にメール。
5日まで東京にいて、その後に新潟に行くとのこと。
私はうかつにも、すっかり忘れていたのだが、私と息子の誕生月なので、仲間がお祝いをしてくれる日だったそうだ。(言われた気するけど記憶に無かったのです。)なのでグッドタイミングでの、TIGUSAさん登場だった。
徳島から、車に乗ってやってきた。「元気ななったと。」とみんなで喜んだ。
前は、日本全国どこでも車に乗って行っていた。私と良授が北海道に帰っていたときは、北海道まで来たものだった。
ここ何年かは、東京に来るときは、電動車椅子で飛行機に乗っての上京だけだったので、また車で遠くに来るようになったと、とてもうれしかった。
初めてTIGUSAさんに会ったのは、息子が3歳の時。ずいぶん色んなことを一緒にした。
息子は、時々TIGUSAさんの車椅子をおもちゃ代わりにして、乗って遊んだりしていたが、昨日もやっぱり、電動車椅子の乗り心地を試していた。
Y子さんの家の玄関までには階段があるので、みんなで上までかついでいでいった。「重いよ~、何キロ?」「〇〇キロ」重いはずだ。
再会を喜び、手作りのワインで乾杯!!
いつもは、あまり顔を出さない夫も、「TIGUSAが来てるなら、顔見ないわけにはいかない。」と、
やってきた。
みんなで乾杯!!
車の運転のためアルコールを口にできないTIGUSAさんの右手には、なぜかお酢の瓶が・・・。
お茶目なしぐさに爆笑!!
今度ひょっこり現れるのは何時だろうか?
e0133087_10283686.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-11-03 10:20 | 日記 | Comments(2)

Commented by widow-motokichi at 2009-11-03 11:02
素敵なお友だちだなー^^
そういう関係の中にあるって素晴らしいですね☆
Commented by oume1116 at 2009-11-03 14:13
そうなんです。
何かあれば必ず、助けてくれる仲間が、そばにいるので、心強いです。長い付き合いで、これからもずっと、続いていくことでしょう。息子が20歳になったら、一緒に飲むのがとても楽しみだねーと飲兵衛のおじー、おバーは一言っています。