裕子さんだ~!!

家の片づけをしていたら、電話がなった。
伊万里に住んでいる裕子さんだった。時々仕事で東京に来るので、てっきり東京だと思ったら、伊万里からだった。
友人から、シタールと尺八の演奏があるので、誰か行けそうな人に声をかけてほしいといわれたとのこと。仕事でいけそうにないと答えた後、久々に一時間近くも話をした。かかってきた電話だったのに、時間も忘れてしゃべっていた。
20年前に初めて会ったが、声がまったく変わっていないのに驚かされる。
JICAの研修コーディネーターとして、4回ほど一緒に仕事をした裕子さんはとても頼れるネーネーで、一緒の仕事は本当に楽しかった。私のつたないマレー語と違い、裕子さんは、すばらしく流暢な言葉を使う。
わからない言葉があると尋ねる。辞書のような正確さで教えてくれる。
幼稚園の先生をしていた裕子さんはとても話が上手で、時には涙グミながら、時には大笑いしながら、いろんな話をしてくれた。
北海道や島根、広島、岡山、京都とあっちこっち、マレイシアの研修生を連れて歩いた。
楽しかった上に、結構な賃金を頂き、美味しすぎる仕事だった。
私は出産と同時にやめたが、裕子さんはずっと続けていたが、3年位前に引退したとのこと。
コーディネーター仲間からも、研修生からもとても慕われていた裕子さんは、静かに伊万里で暮らしている。
いつか必ず遊びに行くからねという約束を、何時果たせるだろうか?
両手首が腱鞘炎になってしまったという。
早くよくなりますように・・・・。
[PR]

by oume1116 | 2009-11-01 12:03 | 日記 | Comments(4)

Commented by widow-motokichi at 2009-11-02 00:19
ayakoさんJAICAの研修コーディネーターだったの?
で、マレー語話すの?すごい!

私英会話クラブで味噌っかすだったころ、仲良かったおじさんにやっぱりJAIC研修生を受け入れる側の何かをやっていた人がいて
ずいぶんいろんな国の研修生さん達と飲みましたよ。
歌を歌うために連れていかれるようなものだったけど。。。

へー、そうなんですか!
それは素敵なお友だちが沢山いらっしゃることでしょう☆”
Commented by oume1116 at 2009-11-02 11:19
ここいろさん、マレー語は、超マイナーな言語で、世界で一番、簡単な言語らしいですよ。私は日常会話位しか話せなかったのに、ほかにいなかったので、やらせてもらえたのです。
一番楽しかったのは、北海道帯広でした。
帯広で研修生の受け入れやっていた方が、本当に面倒見のいい人で、仕事できたのか、遊びに来たのか、帰るときは、コーディネーター4人、全員太っていました。

20年もしゃべっていないので、もう、すっかり忘れていますが、とてもいい、思い出です。
Commented by niko at 2009-11-02 12:58 x
シタールと尺八なんて、綾子さんよりご主人向きのような気がしますが、お仕事なの?
Commented by ayako at 2009-11-03 09:10 x
nikoさんそうなんですよ。
Mぶさん、行かないかしらって、事だったのですが、お父さんは今、仕事に忙殺されていて、とても無理な状態なんです。忙しすぎると、音楽は心にすっと入り込めないのかも・・・・・・。