尊尊我無

何かの節目のとき、何か大事なことがあるとき、誰かが遠方へ旅に出るとき、必ず行う儀式がある。徳之島にいたときから、東京でまだ両親が健在だったころと、それは必ず行われた。
ばあちゃんが生きていた時代、ばあちゃんがまわした。
両親が生きていたころ、母がまわした。

お神酒に盛り塩、お神酒を口に含み、盛り塩を一掴みし「尊尊我無(とうとがなし)」といいながら、一なめし、頭にぱらぱらと塩を振り掛ける。
ずっと意味もわからないまま、この儀式は、母から私の役目になり、兄弟たちが集まるときや、とても大切な何かがあるとき、この儀式を行っている。
それで、調べてみた。今更なのですが・・・・・。

尊尊我無(トートゥガナシ)は主に奄美諸島の言葉で、与論島では今も日常的に使われている。「ありがとうございます」という感謝の意味や神様へ祈るときに使われる。自分を無くし、出会う相手や出会いそのものを尊ぶという意味も。 ...

そうだったんだって、いまさらですが。

多分ばあちゃんも、母もその意味は理解をしていなかったのでしょう。
ずっと続く儀式をそのとおりに行っていたのでしょう。

私も特に、意味をしろうとは思っていなかったけれど、一回くらい、調べてもいいかなーと、調べて

みた。

なんて素敵な言葉なのって、思った。

今日、息子が一人で石垣に行った。出るときにはお決まりの、尊尊我無の儀式をやって送りだした。

お神酒はありませんでしたが。

素敵な人々に出会えますように、たくさんのいい思いをもって帰れますように、

そして、何より、危険なことがなく無事に帰ってきますように。

尊尊我無

by oume1116 | 2009-10-30 19:08 | 日記 | Comments(8)

Commented by HIMEママ at 2009-11-01 00:41 x
お久しぶりです。
トートゥガナシとてもなつかしい言葉です。
私の母の実家が与論島で昔、この言葉を耳にしました。
群馬のみんなも良授くんが、大きなメダルと賞状をもって無事に帰ってくることを願っています。
Commented by ayako at 2009-11-01 08:51 x
HINEママ、コメントありがとー。姫ちゃん唄い切ったのに、厳しかったですね。でも、金メダルだと思います。
良授は今日、帰ってきます。私は夜勤なので入れ違いですが・・・・・。

トートゥガナシ、我が家ではいまだに、受け継がれています。
とても大切で、宝の言葉なんですよ。
兄弟が集まると、お神酒と盛り塩用意して、順番に回していきます。すると、先祖への感謝や、平穏に過ごせていることへの感謝の思いが自然に沸いてくるので、不思議です。
無宗教であった私の祖母や、母、父、目に見えないけれど、自分たちを見守る何かを信じて、トートゥガナシと祈っていました。

発表会の合同稽古であえるのを楽しみにしています。

Commented by mako at 2009-11-01 21:37 x
徳之島ご出身なんですか?
私は、徳之島に行ったことはないのですが
以前、一緒にお仕事していて仲良くしてた先輩が
徳之島の方で、しょっちゅう徳之島の話を聞いてて
なんだか行った様な気分になるくらいで(笑)
私が結婚したのは、夫の同僚だった徳之島出身の徳島さんという
方がきっかけやったり・・・
なんだか 徳之島に縁があり 徳之島とみると反応しちゃいます。
トートゥガナシ 素敵ですね~~。
沖縄や奄美など 祖父母と孫の心あたたまるエピソードが
1番多いそうです。祖父母と孫を総称する名前
ファーカンダという名前があるのもその地方だけなんですよね。
いいなぁ~~~~
Commented by widow-motokichi at 2009-11-02 00:23
こういう代々受け継がれたことを守るのって素敵ですね^^
いい言葉だなー☆
なんか我を忘れて相手を思う祈りが形になっているんですね。
とってもいいなー
Commented by oume1116 at 2009-11-02 10:53
makoさん、こんにちは。
そうでしたか?徳之島縁でご結婚、うれしいですね。
ファーカンダという言葉は知りませんでした。
私は小学校の5年生まで徳之島でした。本当に美しい海を知っているのが自慢です。
さんご礁に色とりどりの熱帯魚、澄み渡る海底・・・。
言葉にはできない美しさでした。
そういう美しいものを子供時代に見ることができたのは、本当に幸せなことだと思います。

12月の音楽祭では、徳之島話しましょうね。

Commented by oume1116 at 2009-11-02 11:12
ここいろさん、疲れは取れましたでしょうか?
私の祖父母や両親は、特定の信仰というものは無かったけれど(私もですが)、祈りというものが、いつも身近にあったように思います。
神様に祈るときの言葉が、ほかに無かったので、感謝を伝えるときや、幸せや安全や健康を祈るときに、いつもこの言葉を使っていました。
ここいろさんのために
トートウガナシ、トートウガナシ、トートウガナシ・・・。
Commented by niko at 2009-11-02 12:54 x
自分のルーツが有るってうらやましい。
Commented by widow-motokichi at 2009-11-03 10:59
ayakoさんありがと。
思いがけず嬉しくて胸が詰まる・・・