姪の結婚式・その2

笑顔にあふれ、喜びに満ち満ちていた姪の晴れの日。
心から、幸せを祈っている。
姉一家を見ていて、私もいつか結婚して、こんな家庭を築きたいと思ったものだ。
姪も自分の生まれ育った家庭のような、温かい家族を作っていくことだろう。
列席したテーブル、一人ひとりのところに小さなメッセージカードがおかれており、丁寧な字で、感謝の思いが、書かれていた。
みんなが笑っている中、弟だけは式の間中、泣いていた。本当は父親の役目なのに。
大病をし、生死の境をさまよい、生還した弟にとって、姪のこのよき日は、もしかしてここに、こうしていることができなかったかもしれないという思いがあったのだろう。それだけに、本当にうれしかったと思う。

e0133087_14561315.jpg
e0133087_14563427.jpg
e0133087_14571847.jpg
e0133087_1458015.jpg

e0133087_15144270.jpg


三線を弾いてお祝いの唄を歌いました。とっても喜んでいただき、良かった。
姉やほかのおい、姪、お婿さんのお母様も出てきてくれて、一緒ににぎやかに、唄って踊った。
のりの良さにも大変感激、良い親戚が新たにできました。

いついつまでも、お幸せに!!
[PR]

by oume1116 | 2009-08-11 15:08 | 日記 | Comments(0)