夜勤明け

一番うれしい瞬間は、夜勤が終わり、「おわったー!!、お先に」と言って、帰る時。天気がとっても良かったりすると、なおさらうれしい。でも、雨でも「ゆっくり眠れる。」とこれまたうれしい。結局、夜勤明けはうれしい。昨日は、帰ってから爆睡した。
熱発で、何と39.4度まで、発熱したJ子さん。熱を下げなくいちゃと、クーリングに水分補給、少し横にもなりたいので、J子さんの隣で添い寝。頭と両脇、腿を冷やし、「もし2時間過ぎて、下がらなければ、病院に連れて行きましょう。」と、他の2人の夜勤者と相談し、2時間後、見事に解熱に成功。しかし、一度、ぐんと下がり、また上がる。夜中じゅう、冷やしたり、水分補給したり、で最終的に朝になったら、36,7まで下がった。原因が分からないので心配だが、私の役目はここまでと、バトンタッチし、仕事を終えた。さすがに疲れて、爆睡。
夕飯を作る元気がなかった。息子に何か作ってと頼んだら、バーべーキューで、薪集めに奔走したことへのお礼で、マーボードーフと、味噌汁、冷奴を作ってくれた。おいしかった。食べたら、また、爆睡。夜中に目が覚めてトイレに行ったら、流しがかたずいていない。いつもだと、夜中でも洗い物をするが、もういいやと、寝てしまったら、あさ、洗い物をしている音がきこえた。夫が洗っていた。
仕事をするのは大変な反面、いままで絶対にやらなかったことを、少しづつ、二人がやってくれるようになった。ありがたいことだと思う。
御馳走様でした。おいしかったです。
e0133087_10111080.jpg

[PR]

by oume1116 | 2009-04-24 10:09 | 日記 | Comments(2)

Commented by imakokode at 2009-04-26 16:13
「一番嬉しい瞬間」、わかりますー。
今朝の私もそうでした。
日曜日の夕方だけは仕事がないので、
今朝の開放感は格別でした。
仕事があって幸せ、
仕事が終わって幸せ。
それも、自分と家族の健康あってこそですね。

夜勤は人員も少なく、ハプニングがあると大変ですね。
手当の甲斐あって、病院に行くことにならず、よかったですね。
お疲れさまでした。

R授くんが作ってくれた食事、
器も素敵ですね、おいしそうです。


Commented by oume1116 at 2009-04-26 21:44
ひとが作ってくれたものは何でも美味しく感じるよね。